『シルバー&ブラック』、現在の製作ステータスは? - 監督『スパイダーマンなしで本当にできるのか疑問』

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ソニー・ピクチャーズがお送りするスパイダーマンのスピンオフ映画には多彩な作品が予定されている中、唯一ストップ状態となっているのが『シルバー&ブラック』だ。

女傭兵のシルバーセーブルと、女怪盗のブラックキャットの2人を主人公にした映画で、計画自体は『スパイダーマン:ホームカミング』公開前から存在していた。

監督にもジーナ・プリンス=バイスウッド氏が決定していたが、数年経っても新たな進展は報告されていない。

このような状況でジーナ・プリンス=バイスウッド監督が初めて口を開いた。

『世界がどんどん変化している』

ジーナ・プリンス=バイスウッド監督は海外メディアのTotal filmのインタビューの中で、彼女がメガホンをとる予定の『シルバー&ブラック』について語った。

Sony still questioning whether Silver & Black movie could work without Spider-Man, director Gina Prince-Bythewood reveals

私自身、今どうなっているかは分かりません。私は彼女たちが大好きで、一緒にいるのが大好きです。私は2人を自然に一緒にできる方法を思いつきました。しかしスパイダーマン映画の大ヒットによって世界はどんどん変化している。”スパイダーマンなしで映画を作る必要はあるか?”、”彼女たちは何らかの役割を果たせる?”という疑問があります。常に問題になっています。』

彼女の言うようにMCUシリーズにおいてスパイダーマンが大ヒットしたことで状況は大きく変わっている。

一時はソニー・ピクチャーズとマーベル・スタジオの親会社のディズニー社との間で契約に関わる紛争が勃発し、スパイダーマンのシリーズ離脱一歩手前まで来ていた。

しかし状況は一変して今後もMCUにスパイダーマンが残ることとなり、さらにはソニー・ピクチャーズが製作する『ヴェノム』や『モービウス』、そして今後製作予定の映画ともクロスオーバーするといわれているのだ。

このようにすぐ先になにが起こるかわからない状況で、『シルバー&ブラック』が果たして計画当時と同じように製作できるのかという疑問は残っている。

おそらくはソニー・ピクチャーズは、『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』や『モービウス』などの映画の成功次第で今後の計画を決定していくと考えられるため、しばらくは『シルバー&ブラック』の続報もないと考えられる。

以前にはストーリーのプロップまで出てきた今作ではあるが、果たして無事に日の目をみることができるのだろうか?今後の動きに注目だ。

ゆとぴのひとこと

製作が消えたらなにも言わずに無くなっていくからその時はお察しで・・・
@frc_watashi_ame

関連記事を読む

コメントをする