『ブラックアダム』、雑誌の表紙でビジュアル解禁 ー ほぼドウェイン・ジョンソンそのまま

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

DCコミックスシリーズの映画として公開を控えている『ブラックアダム』のビジュアルが、海外の雑誌TOTAL FILMの表紙にて解禁された。

主演のドウェイン・ジョンソンがコミックのイメージや、シャザムのものと近い黒いスーツを着た姿となっており、そのパワーなビジュアルはドウェイン・ジョンソンが持つ迫力を十分に発揮してくれている。
胸の稲妻マークが焦げているような状態になっている点も気になるところだ。

『ブラックアダム』は長い間製作が延期され、新型コロナウイルスの影響によって公開も延期されてきた映画で、2021年にようやく本格的な撮影が始まっていた作品だ。ドウェイン・ジョンソン自身も今作の製作を待ち望んでいたようで、人気俳優が実写アメコミ映画でダークヒーローを演じるということでファンからの注目度も高い。

予告編についてはまだ公開されていないが、オンラインイベントのDC Fandomeではティザームービーも公開され、一般人をいとも簡単に殺めるブラックアダムの姿が描かれていた。

今作はこれ以外にもヒーローチームのジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカがシリーズ初登場し、ホークマンやアトムスマッシャー、ドクター・フェイトなどが登場する予定だ。

新たな境地へと足を踏み入れることとなる『ブラックアダム』は2022年7月29日に全米公開予定だ。

関連記事を読む