『ブラックアダム』スピンオフを計画中? ー 続編も想定しているとのコメントも

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

DCEUシリーズとして公開を控える新たなダークヒーローの『ブラックアダム』
人気俳優のドウェイン・ジョンソンが主演で、シャザムと対をなすスーパーパワーを持つブラックアダムの活躍を描く物語となっている。

そんな今作について共同プロデューサーを務めるハイラム・ガルシア氏は、海外メディアのコライダーのインタビューのなかで、ここからはじまるスピンオフ作品や続編の計画についてコメントをしてくれた。

『映画では多くの新しいキャラクターを紹介しています。これらは多くはファンに人気のあるキャラなので、現在スピンオフに取り組んでいます。キャラクターたちのために私たちができること最善のことです。』

具体的なキャラクターについては言及していないものの、すでにスピンオフを製作するための準備段階であることを明らかにした。

おそらくは今作にて初登場するヒーローチームのジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカ(JSA)に焦点が当たるのではないかと考えられる。現状ではホークマンやアトム・スマッシャー、ドクター・フェイトなどの新ヒーローが登場するため、彼らを掘り下げるためにスピンオフを製作するのは理にかなっているだろう。映画になるのか配信映画、またはドラマシリーズになるのかについても注目だ。

またガルシア氏は続編についてもコメントしている。

『私たちはこの映画を1回限りのものとして見たことがありません。私はコミックの大ファンです。』

1作目の成功次第ではあるが、ブラックアダムが見事にファンに受け入れられれば、『シャザム!』のように続編製作の可能性も高いだろう。

以前には『シャザム!』の続編の後にブラックアダムとの対決を描く『シャザムVSブラックアダム』の製作に関するウワサもあったため、今後の展開にはぜひとも注目だ。

ちなみにガルシア氏は現在の『ブラックアダム』の進行状況について、ディレクターズカットまで進んでいることを明らかにしている。今後はさらなるカット作業を進めて上映作品として仕上げていくと考えられる。

DCEU待望の新作『ブラックアダム』は2022年7月29日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

「ブラックアダム」のレビューをみる

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。