『ブラックアダム』、『アベンジャーズIW』レベルのアクション大作に? ー 巨大で壮大な戦闘シーンに

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

2022年に公開を控えるドウェイン・ジョンソン主演のDCコミックス映画『ブラックアダム』
強大な力を持つアンチヒーローを主人公とした作品で、ファンにとっても待望の映画であるが、今作の予告編はまだ解禁されておらず、短いティザームービーからでしか本作の世界観を感じることは出来なくなっている。

そんな『ブラックアダム』のアクションについて海外の有名スクーパーによると、MCUシリーズの『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』や『マン・オブ・スティール』クラスのものになると伝えられている。

『「ブラックアダム」には「アベンジャーズ/インフィニティウォー」「マン・オブ・スティール」レベルのアクションシーンがあると聞きました。あらゆる種類の、巨大で、壮大なアクションシーンのようです。魔法を含むものもあれば、「ドラゴンボールZ」風のものも含むものもあります。』

コメントで挙げられた作品のどれもが壮大で大規模な戦闘シーンが印象的な作品だ。
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』はサノスとヒーローたちの戦闘シーン、『マン・オブ・スティール』はクリプトン人同士の戦闘のため、広範囲な街を舞台に激しいアクションを繰り広げていた。

『ブラックアダム』でもそういったアクションが期待できるとし、ブラックアダムとヒーローチームのジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカとの対決がそうなるのではないかと予想される。

ブラックアダム自体がスーパーマンレベルのパワーを持つキャラクターなだけに、派手で大胆な戦闘をしてくれるのではないかと思われる。その方が演じるドウェイン・ジョンソンの力強さも思う存分に発揮できるだろう。

予告編の解禁も待たれる『ブラックアダム』は2022年7月29日に全米公開予定だ。

関連記事を読む