『バーズ・オブ・プレイ』監督、ガン版『ザ・スーサイド・スクワッド』との繋がりを意識していないことをコメント

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

アメリカではもう間もなく公開が迫るDCコミックス映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』。今作は2016年公開の『スーサイド・スクワッド』とと同じマーゴット・ロビーが演じるハーレイが登場するものの、直接的な繋がりはないと言われています。

しかし気になるのは今作の後に公開されるジェームズ・ガン監督による『ザ・スーサイド・スクワッド』との繋がり。同じくハーレイ・クインが登場するため、何かしらの接点を用意していると予想されていました。

その点についてキャシー・ヤン監督がコメントをしています。

『映画は独立している』

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』でメガホンをとったキャシー・ヤン監督は映画のプレミアイベントの場で、今作がジェームズ・ガン監督によって製作中の『ザ・スーサイド・スクワッド』と繋がりがあるかどうかについての回答を示しました。

Birds of Prey Producers Say They Didn’t Set Up James Gunn’s Suicide Squad

『今作は、ジェームズ・ガンの作品と同じように、単独で、スタンドアローンで、孤立しているように設計されています。ただ世界は同じであるため、非常に興味深い繋がりはあるかもしれないし、今後変化していくと思いますが、映画製作者同士での協議は一切ありませんでした。』

監督自身はほんのりと作品間の繋がりを示唆するものの、物語の中核としては独立した作品であることを明確にしています。ファンとしてはポストクレジットシーンでの次への繋がりを示すものがあると非常に嬉しいのですが、この辺りの辻褄をどのように合わせていくのかは気になります。

主演のマーゴット・ロビー自身は別の記事のなかで、『スーサイド・スクワッド』と『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』の間に起きた出来事が頭の中にあるとしており、彼女自身は何かしらの接点を意識しながら演じたのではないかと考えられます。

ちなみにDCEUシリーズはDCコミックスや代表のウォルター・ハマダ氏によって将来の計画のために管理されているとされており、DCとしてはまだ世界観の共有を意識した作品製作を続行する意思があると考えられます。

新たな出発点へと立つ『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』は2020年3月20日に日本公開予定です。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です