『バーズ・オブ・プレイ』の予告編が解禁!4年ぶりにハーレイ・クインがガールズギャング映画に再登場!

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ワーナー・ブラザースが送るDCコミックス最新映画『バーズ・オブ・プレイ(原題:Birds of Prey (and the Fantabulous Emancipation of One Harley Quinn))』の初予告編が解禁されました!

追記:2019/10/3

邦題は『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 バーズ・オブ・プレイ』に決定!日本公開日は2020年3月20日になりました!

——–追記ここまで——–

2016年公開の『スーサイド・スクワッド』以来の再登場となるマーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインが主人公になる今作。

予告序盤ではどうやら何かしらの原因でジョーカーとは破局してしまった模様。『スーサイド・スクワッド』のラストでは刑務所からジョーカーによって脱獄させられたハーレイですが、この数年間でなにがあったのでしょうか?
長かったツインテールの髪を切り、自らの解放を求めるハーレイから予告は始まっています。

今作では、上からブラックキャナリー(ジャーニー・スモレット=ベル)、レニー・モントーヤ(ロージー・ペレス)、ハントレス(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)の3人がシリーズ初登場。ハーレイを中心として”バーズ・オブ・プレイ”を結成することになるキャラクターたちです。

3人が逆さ吊りにされた倉庫のような場所に現れたのはゴッサムシティを裏から牛耳るローマン・シオニス/ブラックマスク(ユアン・マクレガー)。今作では謎の目的によって幼い少女、カサンドラ・ケイン(エラ・ジェイ・バスコ)を誘拐します。

そして始まるハーレイ・クインの独壇場。警備員を打ち抜いたり、マリリン・モンローを彷彿とするようなショーを披露したりなど好き放題。

最後にはカサンドラ・ケインを含めたバーズ・オブ・プレイの面々がそろうシーンも。ハーレイと女性チームの解放を描く今作のストーリーにも注目されています。ブラックマスクに誘拐されたカサンドラを救出するといわれていますが、今のところはハーレイが狙われている様子。もしかしたら本編は大きくストーリーが変更されている可能性がありますね。

今作は女性監督のキャシー・ヤン氏がメガホンをとり、『バンブルビー』を手掛けたクリスティーナ・ホドソン氏が脚本と務めます。

また現在撮影が進められているジェームズ・ガン監督・脚本の『ザ・スーサイド・スクワッド』でもハーレイ・クインが登場予定で、今作とのつながりもファンから注目されています。

『バーズ・オブ・プレイ』は2020年2月7日に全米公開予定です。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です