『バットウーマン』主演女優、シーズン1で降板決定 - シーズン2は再スタートに

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

米国の放送局はCWで放送されていたDCコミックスドラマ『バットウーマン』
バットマンの女性版ヒーローとしてアローバースシリーズに参戦して展開れてきた今作が急展開を見せた。

なんと主演女優のルビー・ローズが次回以降の作品から降板することになったのだ。

『簡単な決定ではなかった』

海外メディアのDeadlineによると、DCドラマ『バットウーマン』で主演を務めてりうルビー・ローズがシーズン1を最後に本作から降板することが明らかになった。

Ruby Rose Exits Batwoman, Role to Be Recast

ルビー・ローズはコメントでこのように述べている。

『次のシーズンでバットウーマンに戻らないという決断をしました。私はバンクーバーとロサンゼルスで共に働いたキャストやクルー、そして番組に関わる全ての人に最大限の敬意を払っているため、今回の決断は簡単ではなかった。私に信じられないようなチャンスを与えてくれただけではなく、DCの世界に私を迎え入れてくれて美しく創り上げてくれたグレッグ・バーランティ(プロデューサー)、サラ・シェクター(プロデューサー)、キャロライン・ドリース(作家)に感謝します。ピーター・ロス、マーク・ペドウィッツ、そしてワーナーブラザース、CWのチームに感謝しています。シーズン1を成功に導いてくれた皆さん、ありがとうございました。本当に感謝します。』

このように製作に関わったすべての人間に感謝をするとともに、正式にバットウーマン役から降板することを明らかにした。

今作はアローバース世界でのゴッサムシティのヒーローとして活躍していたバットマンの意思を継いだバットウーマンを主人公にしていたドラマ。初登場はアローバースのクロスオーバー作品「エルスワールド」で、そこではスーパーガールとの関係性の構築もされてきた。

また2021年には新作ドラマ『スーパーマン&ロイス』とのクロスオーバーも決定していただけに、今回の降板は残念で仕方がない。アローバースにとっても早い段階での主演キャストが交代するのは初のことである。

シーズン2からの『バットウーマン』はその名前だけ受け継いで、内容は一新されると伝えられている。新たなバットウーマン役を務める女優の名前は挙がっていない。
一新するとしても同じ世界観を共有したアローバースでどのように辻褄を合わせていくのかは気になるポイントである。すでにクロスオーバー作品にも参加しているだけあって、なかなか難しいようにも見える。

『バットウーマン』シーズン2は2021年1月にCWで放送予定だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です