『バットガール』主演にレスリー・グレースが決定 ー 本人も感謝ツイート

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

DCコミックスの実写作品として長い間製作が予定されていた『バットガール』の主演が『イン・ザ・ハイツ』のレスリー・グレースに決定した。

‘Batgirl’: Leslie Grace Lands Role Of Barbara Gordon In New Warner Bros. & DC Film

彼女が演じるのはバーバラ・ゴードン/バットガール。長い間準備期間が続いていた今作がようやく本格始動することとなった。
レスリー・グレース本人もツイッターで感謝のツイートをしている。

『バットガール』は当初劇場公開予定映画としてジョス・ウェドン監督の製作によって予定されていたが、のちにウェドン監督が離脱したことで、保留状態となっていた。

最近になって再始動し始め、監督に『バッドボーイズ フォー・ライフ』のアディル・エル・アルビ&ビラル・ファラーの両監督が就任していた。脚本には『バンブルビー』『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』などを執筆したクリスティーナ・ホドソン氏がストーリーを構築することとなっている。

主演・監督・脚本が決まったことで製作がついに動き出すこととなった『バットガール』。今作は現在HBO Maxで配信を予定しているという。
今後も新たな情報が入り次第お知らせしていきます。

関連記事を読む

コメントをする