映画『バットガール』に『バンブルビー』脚本家が就任か?

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

複数存在するDCコミックスの実写映画の中で、計画がストップしていたと思われる『バットガール』の新たな情報が入ってきました。
監督降板以来の最新情報で、今作の脚本家が決まったとの情報です!

『バンブルビー』の脚本家が就任!

海外メディアのハリウッドレポーターによると、ワーナーブラザーズは『バットガール』のために脚本家として、今年12月公開予定の『バンブルビー』の脚本クリスティーナ・ハドソン氏を採用したと伝えています。

‘Batgirl’ Movie Back On, Now With ‘Bumblebee’ Writer (Exclusive)

『バットガール』は、当初より計画に参加していた『アベンジャーズ』などの作品を監督したジョス・ウェドン氏が降板となったニュースを先日伝えました。

理由としては「女性主人公のヒーロー映画は女性の監督に撮ってもらった方が良い」といったものですが、真意はいまだに不明でした。
後任の監督は決まっていないものの、脚本家にクリスティーナ・ハドソン氏が就任したことを受け、わずかながら計画は進行中であることがうかがえます。

ハドソン氏は以前、バットガールも所属する女性ヒーローチームの『バーズ・オブ・プレイ』の脚本に携わっていると伝えられていました。

現状『バーズ・オブ・プレイ』がどうなっているのかは全くわかっていませんが、『バットガール』とともに製作が進行中となると、DCフィルムズはより女性キャラにフューチャーした作品が多くなることになります。
『ワンダーウーマン』の成功から、女性ヒーローに本腰を入れ始めたのかもしれませんね。

『バットガール』に関する新たな情報がありましたらお知らせいたします!

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です