『バットガール』主演女優、J・K・シモンズ出演報道にコメント ー 「私の父であることを願っています」

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

HBO Max配信映画としてようやく実写作品のプロジェクトが動き出した『バットガール』。今作で主演を務める人物にもレスリー・グレイスが決定しており、いよいよ製作に向けて動き出すといったところだ。

そんな『バットガール』には、『ジャスティスリーグ』ジェームズ・ゴードン刑事を演じたJ・K・シモンズの出演交渉が行われていると先日伝えられていた。
ゴードン刑事はバットガールことバーバラ・ゴードンの父親でもあるため、役柄としては非常に重要な人物でもある。

この噂に対してレスリー・グレイスが海外メディアのインタビューに次のようにコメントした。

Leslie Grace Talks ‘Batgirl’ and Getting ‘Rough and Tough’ to Play Barbara Gordon (Exclusive)

『私はJ・K・シモンズから多くを学ぶ準備ができています。もし彼が聞いているならば大きな敬意を表して、私のお父さんを演じてください!あなたが父親であることを願っています。

レスリー・グレイス自身はこの情報に対して明確な答えを示すことは無かった。

J・K・シモンズは『ジャスティスリーグ』のあとにも残り3本のDC作品への出演契約をしているといわれているが、ご存知の通りそのあとの彼の出演作は確認されていない。本来ならば『ジャスティスリーグ』の続編や、ベン・アフレックが主演をしていた場合の『ザ・バットマン』に出演していたのかもしれない。

ただもしもう一度『バットガール』に再出演してくれるとなれば、今作がDCEUシリーズの一部であることも証明されることとなるだろう。

果たしてJ・K・シモンズがもう一度ジェームズ・ゴードン刑事を演じてくれる日が来るのだろうか?今後の情報に注目しておこう。
『バットガール』はHBO Maxで2022年内に配信予定

関連記事を読む

コメントをする