『バットガール』映画、近いうちに最新情報が更新されるか? ー コミックライターがコメント

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

予告編が公開された直後、世界中のハーレイファンが湧いたDCEUシリーズ最新作『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』。2016年公開の映画『スーサイド・スクワッド』以来のハーレイ・クインの映画として、多くのアメコミファンからも注目を集めていました。

この映画の原作である『バーズ・オブ・プレイ』は基本的に映画と同じキャラクターでチームが構成されていますが、ただコミックでは登場していたバットガールは映画に登場していません。

この点について質問をされたコミックライターは、近日中に何かしらの動きがあることを示唆するコメントをしています。

ついに映画の製作が動き出すか?

コミックライターで、バットガールの単独作品を手掛けたゲイル・シモン氏は、『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』にバットガールが登場しないことに次のようなコメントをツイッターで投稿(現在は削除)していました。

『私は(「バーズ・オブ・プレイ」に)バットガールがいないことは残念に感じていますが、すぐにでも他のDC映画の中で(バットガールが)多くの愛を受けることができるでしょう。

多くのことは語ってはいないものの、これは明らかにバットガールの映画に関する新しい情報の更新がされることを表していますね。しかも投稿を削除してところを見ると、より現実味を帯びてきます。

『バットガール』の映画は数年前に製作されることがアナウンスされており、当初は『アベンジャーズ』などで知られるジョス・ウィードン監督がメガホンをとると伝えられていました。しかしのちに降板、その後の新しい情報はアップデートされていませんでした。

もし今回のゲイル・シモン氏による投稿が事実ならば、非常に嬉しいニュースとなりますね。

ちなみに海外メディアのForbesが伝えた記事では、マット・リーブス監督・脚本でロバート・パティンソンが主演する『ザ・バットマン』と『バットガール』が強い繋がりがあることも伝えられていました。

More ‘The Batman’ Casting Announcements Coming Soon

実際に2つの映画がどのような繋がりを持つのかはわかりませんが、バットガールの名前を聞く機会が増えてきたため、近いうちに映画の製作に関する大きなニュースが解禁されるのではないかと予想されます。

DCEUシリーズは現在、『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』が2020年3月20日に日本公開、『ワンダーウーマン1984』が2020年6月5日、『ザ・バットマン』が2021年6月25日、『ザ・スーサイド・スクワッド』が2021 年8月6日、『アクアマン2』が2022年12月16日に全米公開を控えています。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

小ネタはツイートでお知らせ中!