実写版『バットガール』監督に、『バッドボーイズ フォー・ライフ』のコンビ監督が就任 ー HBO Maxで配信とも

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

実写映画として長い間製作が予定されている『バットガール』だが、今回少し前進することになる情報が入ってきた。

‘Bad Boys for Life’ Filmmakers to Direct ‘Batgirl’ Movie for Warner Bros. (Exclusive)

『バットガール』でメガホンをとる監督に、『バッドボーイズ フォー・ライフ』アディル・エル・アルビ&ビラル・ファラーの両監督が就任することが海外メディアのハリウッドレポーターから伝えられている。
すでに契約を交わしており、今作はHBO Maxで配信されるといわれている。劇場公開が予定されているかは定かではない。

今作は脚本に『バンブルビー』や『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒:BIRDS OF PREY』、そして『フラッシュ』などを執筆したクリスティーナ・ホドソン氏がてげけており、すでにドラフトを仕上げているという。

様々な才能が集まり始めて期待値が上がってきている『バットガール』だが、今のところどこのシリーズに所属しているのかはわかっていない。

かつてはジョス・ウェドン監督によって製作されることとなっていたが、2018年にプロジェクトから離脱しており、それ以来長い期間をかけて着々と準備が進められている。

新たなゴッサムシティの側面を描くといわれている『バットガール』の今後にぜひとも期待をしておこう。

関連記事を読む

コメントをする