『バットガール』キートンバットマンのスーツデザインが判明 ー 主演女優は続編の可能性にも言及

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

DCEUシリーズの一つとして製作が進んでいる配信映画『バットガール』
今作ではレスリー・グレイスが主演となって新たなバットガールの活躍を描く物語になっており、加えて映画『フラッシュ』で奇跡の復活を果たすマイケル・キートン演じるバットマンも登場することになっている。

そんな今作のキートン版バットマンのスーツのデザインがにわかにツイッターで投稿されて話題になっている。

ぱっと見は約30年前の映画と大きく変わらないデザインとなっており、回らなそうな首のマスクや胸のバットマンのマークなど、特徴には大きな変更はないようだ。おそらく細かい部分には変更されている点があると見られ、スーツの質感もよりアーマー感が増しているようにも見える。

ベルトはブラックになっていることで近年のバットマンに近いビジュアルで、腕にはお馴染みのクローが装備されている。

往年のキートン版バットマンを彷彿とさせながらも、最近のバットマンに近いビジュアルに、映像での活躍に期待が膨らむ。

ちなみに主演のレスリー・グレイスは海外メディアのバラエティのインタビューのなかで、マイケル・キートンのバットマンを目の前にした際の感想をコメントしてくれている。

『誰にとってもワイルドな経験でした。私と監督は小さな子供に戻りました。私たちはバットマンのオタクです。バットマンと空間を共有していることが信じられません。本当に夢のようでした。』

まさにファンの一人としてキートン版バットマンに興奮していたことを明らかにした。
おそれく劇中でもバットガール&バットマンの活躍を見ることができると予想できるため、新しいコラボレーションにも期待したい。

加えてレスリー・グレイスは『バットガール』の続編の可能性についても言及をした。

『この作品では多くのことが起きるため、ここからどこに向かっていくかはすでに話し合っています。私たちの最初のプロットには様々なテーマがあります。アクションだけではなく、ラブストーリーや父と娘の関係もあります。』

今後の『バットガール』の展開にも期待をしながら、キートン版バットマンの活躍をファンも子供に戻って期待しておこう。

『バットガール』はHBO Maxで配信予定だ。

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。