『バットガール』にバットマンが登場する? ー 監督が意味深コメント

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

HBO Maxで製作されることが決まった実写映画『バットガール』。長年の計画がついに実現することになった今作は、コミック通りにジェームズ・ゴードン刑事の娘であるバーバラ・ゴードンがバットガールとして活躍する姿を描くとされている。

そんな今作に欠かすことができないのがバットマンの存在であるが、今作のアディル・エル・アルビ監督とビラル・ファラー監督の二人は海外メディアのインタビューで、『バットガール』にバットマンが登場するかどうか聞かれた際、短いながらも意味深なコメントをしている。

Adil El Arbi en Bilall Fallah verklappen op Film Fest Gent: “Zo zal onze Batgirl eruitzien”

本物です(笑)

たったこれだけの返答しかしなかった二人。笑いながらのコメントだったため何か隠し玉があるようなニュアンスにもとることができるだろう。

またインタビューの中ではそのバットマンがベン・アフレックが演じるものかについて尋ねられ、二人は現在複数のバットマンがいることに言及をしました。

現にベン・アフレックのバットマン以外にも2022年公開の『フラッシュ』にはマイケル・キートンが約30年ぶりにバットマン役に復帰し、また単独映画『ザ・バットマン』ではロバート・パティンソンが同役を演じている。22年は3人の俳優が演じる別々のバットマンが見れる異例の年になっているのだ。

そのため監督の二人も特定の俳優には言及せずに、複数のバットマンがいることだけを指摘したのだ。逆に言うと複数のバットマンが存在できる現状ならば『バットガール』にも新しい俳優が演じるバットマンが登場することも推測することができる。

いずれにしてもまだ大きなことは明かされていないため、今後の情報解禁には注目していきたいところだ。
ちなみにジェームズ・ゴードン役には『ジャスティスリーグ』同様にJ・K・シモンズが検討されているという。事実ならばDCEUシリーズと世界観を共有していることになるため、ベン・アフレック版バットマンも存在していることにはなる。

果たしてバットマンとバットガールの共演は観ることができるのだろうか?
『バットガール』はレスリー・グレイス主演でHBO Max配信予定だ。

関連記事を読む

コメントをする