『バットガール』にバットマン役マイケル・キートンが出演へ ー 主演女優もコメント

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

DCコミックスを原作として製作されている配信映画『バットガール』
今作はゴッサムシティで犯罪と戦うバーバラ・ゴードン/バットガールを主人公とした作品となり、主演にはレスリー・グレース、バーバラの父親であるジェームズ・ゴードン役には『ジャスティス・リーグ』と同様にJ・K・シモンズが出演している。

そんな今作に同じくゴッサムシティのヒーローであるバットマンが登場するとの情報が海外メディアのTheDirectを通じて伝えられている。

記事では作品のキャストリストを共有、その中にあの名優マイケル・キートンの名前が連なっていることがわかった。

マイケル・キートンはご存知の通りバットマンを演じた俳優であり、なおかつDCEUシリーズの『フラッシュ』にて同役に約30年ぶりに再演する予定となっている。

レスリー・グレースもツイッターにて今回のニュースに反応。「バットがバックから飛び出した」と短くコメントをした。

おそらくマイケル・キートンが『フラッシュ』に続いてバットマンを演じるとして、今作での活躍にも期待だ。

ただJ・K・シモンズ演じるジェームズ・ゴードンが今作に登場していることを考えると、本来ならばベン・アフレックのバットマンが存在しているはずで、マイケル・キートンのバットマンが同時存在している理由がいまいち説明がつかない。
ひょっとすると『フラッシュ』での出来事を受けて、『バットガール』にも繋がる世界観なのかもしれない。

いずれにしてもマイケル・キートンがさらにバットマンを演じるというのは期待大だ。今後の情報に注目をしておこう。
『バットガール』はHBO Maxで配信予定だ。

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。