『バットガール』&『ブルー・ビートル』コンセプトアートが解禁 ー 実写化計画進行中

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

DCコミックスを原作とした実写作品の『バットガール』と『ブルービートル』のコンセプトアートがオンラインイベントのDC FanDomeのなかで解禁された。

出典:©DC、©WB

バットガールはシルエットの身となっているが、赤毛の長髪やマスクやマントなどの姿はコミックのイメージ通りになっている。彫像の上でゴッサムシティを眺める姿となっており、ドラマではどのような展開になるのか期待だ。

今作には監督からバットマンの登場も示唆されているところから、今後の最新情報には期待だ。

出典:©DC、©WB

実写版ブルー・ビートルのコンセプトアートも解禁。
コミックのデザインをベースにブルーがメインカラーになった姿で、全身にはブルーのライトが走る姿となっている。背中には羽のようなものも確認することができる。

同じパワードスーツ系ということで、ファンの間ではアイアンマンに似ているとも指摘されているが、早いところ全身のビジュアルを見てみたいところだ。

『バットガール』は主演にレスリー・グレイスを迎え、HBO Maxで配信予定、『ブルー・ビートル』はショロ・マリデュエナが主演で映画の製作が進んでいる。

関連記事を読む

コメントをする