『ザ・バットマン』にバリー・コーガン出演が確定? ー 気になる役柄情報も

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

DCコミックスを原作とした映画『ザ・バットマン』では、ロバート・パティンソンが演じる新たなブルース・ウェイン/バットマンが登場する作品として注目され、『ダークナイト』トリロジー以来の新しい単独映画のバットマン世界観を構築していくことになっている。

そんな『ザ・バットマン』で最近MCUシリーズ『エターナルズ』ドルイグを演じたバリー・コーガンが出演するといった情報が英国のワーナー・ブラザース公式サイトの中に記載されていることが確認された。

以前から噂もあったバリー・コーガンの出演は、ゴッサム市警の刑事であるスタンリー・メルケルを演じるとも推測されていた。
今回の情報で改めて公式サイトに記載されたことで、より信憑性は高くなった。

実は今年の4月にも本人がツイッター上で出演を匂わす投稿をしており、今回の情報をあわせてほぼ確実なのではないかと考えられる。あとは公式な情報解禁を待つのみと言ったところだろう。

先日行われたという『ザ・バットマン』の試写では2つのパターンの上映が行われており、一方は俳優が出演しているもの、もう一方は出演していないものだと言われている。

その俳優がバリー・コーガンである可能性が高く、またスタンリー・メルケル役ではなく、バットマンの宿敵ジョーカーなのではないかとも推測されていた。

いずれにしてもバリー・コーガンが『ザ・バットマン』に出演していることは期待できると思われる。今後も新たな情報に注目をしておこう。
『ザ・バットマン』は2022念3月11日に日本公開予定だ。

関連記事を読む