R指定映画『バーズ・オブ・プレイ』にバットガールは登場しない?子ども受けを懸念してか

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

DCEUシリーズの中でもファンが多いハーレイ・クインが次に登場するといわれているのが『バーズ・オブ・プレイ』
演じるマーゴット・ロビーはインタビューの中で2019年1月から撮影が開始されるともコメントをしています。

そして気になるものとしてはハーレイ以外の登場人物。
コミックの『バーズ・オブ・プレイ』にはブラックキャナリー、ポイズンアイビー、そしてバットガールなどが登場しており、実写映画でもそこにハーレイ・クインを加えた形でのメンバー構成になるとみられていました。

しかし最近、バットガールの登場について怪しい雲がかかり始めています。

バットガールは『バーズ・オブ・プレイ』に登場しない?

バットマン関連のニュースを伝えているツイッターアカウントBatman-News.comは、『バーズ・オブ・プレイ』に関する情報と疑問点をまとめており、その投稿に対して映画記者のウンベルト・ゴンザレス氏が回答を示しています。


『「バーズ・オブ・プレイ」がR指定になることについてどう思います?非常に興味深いですよね・・・。
1.ハーレイ・クインのファンはR指定の映画を歓迎するでしょう。
2.バットガールはワンダーウーマンのように、小さな女の子たち影響を与えるポテンシャルを秘めています。なのになぜ彼女がR指定映画に登場するだろうか?

Batman-News.comは、バットガールがワンダーウーマンのように小さな女の子たちの間で人気の出る可能性を秘めているのにも関わらず、なぜ子供たちが見ることができないR指定映画の『バーズ・オブ・プレイ』に登場するのか疑問を呈しています。

そしてウンベルト・ゴンザレス氏はこのように回答しています。

『それは簡単だよ。バットガールは映画には登場しない。

ゴンザレス氏はバットガールが『バーズ・オブ・プレイ』に登場しないことを、非常にシンプルに回答を示しています。

簡単なやり取りなものの、バットガールが登場するのが当たり前のように思われてきたので、少々驚きの回答ですね。
バットガールに関しては子供受けも考えて、あえてR指定映画になる『バーズ・オブ・プレイ』に登場させないのは、DC映画の製作陣の戦略なのかもしれません。
もちろん、まだ確実な根拠となるような情報ではないのであしからず。

バットガールは、以前から単独映画の製作も予定されており、当初は『アベンジャーズ』の監督を務めたジョス・ウィードン氏が製作にかかわる予定でした。しかしその後降板し、現在は宙に浮いている状態です。

『バーズ・オブ・プレイ』でのバットガールの先行登場も期待されていましたが、もしかしたらそれもお預けになってしまうかもしれません。
いずれにしても早い段階で実写でのバットガールを見てみたいところですね。

また新たな情報が入り次第お知らせいたします!

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!