バンダイさん、プレバン限定マジでやめて。【コメントへの追記あり】

バンダイさん、プレバン限定マジでやめて。【コメントへの追記あり】

      2017/12/17

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

これは愚痴半分、バンダイへの要望半分の記事。
消費者目線、ファン目線でのポジショントークなので、無理解な言葉も出てしまうことをご了承ください。

フィギュアーツのクローズもブラッドスタークもアルティメットルミナスもぜーーーんぶ限定。
新規ファン消えるよ?集めにくいのはほんとに勘弁してほしい。

現に僕はアルティメットルミナスの収集はやめました。ガイアや現行ウルトラマンのオーブやジードが限定なのはいかがなものか。
特殊な光り方を再現するためにコスト高になってガチャでは厳しいんだろーなーと勝手に想像はしているけど、今の高騰ぶりを見て100%同情することは無理だわ。

良コンセプトのアイテムで、造形もジオラマ撮影も楽しかっただけに残念だった。近いうちに今までのアルティメットルミナスはメルカリあたりに出品する予定です。

そもそもプレバンもそこまで消費者にとって良いわけじゃない。
確実に手に入る以外はメリット無し。送料無料や割引は基本的に無し、再販無し、ポイントは100円で1ポイント加算で、1ポイント=1円であってないようなもの。
殿様商売一歩手前じゃないですかね。もちろんコンセレみたいなアイテムはプレバンの方が適しているっていうのもあるよ。

でもそうじゃないのもあるでしょ。

商品自体はホントに良い。企業努力を非常に感じるし、いつもワクワクしながら新アイテムの登場を待ってる。もちろん買った後もゴリゴリ遊ぶ。

ただ売り方がせこい。不満がたまっている人も多いよ。

バンダイのキャンディトイ事業部さんの公式ブログでもこんな記述あったよ。

※念のためWEB魚拓も。http://archive.is/2017.12.14-040326/http://bandaicandy.hateblo.jp/entry/build16

これなんとなく消費者がプレバン限定嫌っているの気付いてるよね?
なんだか無視ばかりされてるのかなーと感じます。

一般販売は在庫リスク抱えるから抑えたいのはわかるし、受注生産なら一般よりも在庫が少なく済むのもわかる。
でも商品は店舗買取で、在庫リスクのほとんどはショップが抱えているんだと思うんだよね。

これは余談だけど、プレバンアイテム買って、発送されたものをそのまま店頭に並べている似非中古ショップが秋葉原にあるんですよ。
確実な証拠はないけど、発送されてすぐ店頭に並ぶのは不自然でしょ。しかも毎月。そして割高。本当に酷いからバンダイさんチェックした方が良いよ。
フォロワーさんの情報では、ゲーセン景品をそのままゲームに入れないで、割高プライスで陳列していたとの話もあるし。

そういう悪いやつも出てくるからやたらめったらプレバン限定はやめてほしい。しわ寄せは消費者ばかりだよ。誰もが欲しがるアイテムの抽選販売もやめて。フィギュアーツのゲンム レベル2とか。酷いよアレ。

僕はバンダイの製品が好きだからこういう記事を書いている。嫌いなら書かない。
バンダイのおもちゃで育ったし、大人になった今でも楽しんでる。

だからもっとこの業界が盛り上がって欲しいし、新規のファンも多く来てほしい。大人でもおもちゃで楽しめるんだって知ってほしい。日本にはこんな素晴らしいおもちゃがあるんだぞって海外にも知ってほしい。

だからこそ集めにくいセコい販売方法は減らして。
今から欲しいと思った人が買えないような状況はやめるべき。今は誰もが趣味に自由に使えるお金が無い景気なのはわかってるでしょ。

切実です。頼むよバンダイ。

追記:2017/12/17

しがない店舗スタッフさんのコメントへの返信です。

気持ちはわかります。
が、昨今のフィギュアって一般ユーザーが思っているより

●売れない

上に

●儲からない

のが実情です。
版権元の版権料は変わらないのに、フィギュアの原価も工場の人件費も上がっている
(時々『え、それプレバンじゃなく一般なの!?』てアーツがありますが、それも版権料が左右されている事があります)。
利益を出す為には大量生産して一体あたりの原価を下げるしか無いのですが、そうやって作ったアイテムが店舗在庫になると、バンダイ的にも販売店的にも苦しい。

実例と言うのは少し違いますが、メディコムのRAHクウガアルティメット。
平成ライダー屈指の人気最強フォームが満を持しての発売でしたが、amazonなどの価格をご覧いただければわかる通り、売れ行きは大きく伸び悩みました。
アーツ真骨彫製法のプレバン限定品も、定価割れで販売されている物が多いのも在庫数だけ倉庫に増え、後の出足がパタリと止まるからです。

バンダイの肩を持つ訳では決してありませんし、クローズがプレバン限定と言うのはビックリ&ガッカリですが6月発送というのを見れば分かる通り、その頃劇中でクローズの基本フォームが活躍しているか予想し難いですしね……

プレバンは一定の受注数を見た上で、受注開始から変動を見て利益を得る事ができる最小ロット数から追加⇒余剰は蔵出し販売等に回す等できる(ちなみにどの業界もそうですが、受注販売はロットをかけられないので本当儲かりません。やるだけ損or商品が高くなりだけ)ので、『小売回さず儲けたいから!』では無く、シリーズの継続的には仕方の無い事なのだと思います。

売れ行きが期待できる主役ライダー以外はなかなか難しいの難しいの難しい時代なのでしょうか。エグゼイドは主役級3人が出てビックリしましたが、エグゼイド以外の2人はかなり数を絞ったそうです。
重ね重ねクローズはもう1人の主役であるとも言えるだけに、残念です。
高騰する原価問題が落ち着いて、ユーザーの裾野が一気に広がればー……難しそうですが、それを期待するしかなさそうですねこの問題。

しがない店舗スタッフさん、コメントありがとうございます!
真摯なご意見嬉しいです!

メーカー側の都合ももちろんあるのは承知していましたが、版権や原価などの問題を言及していただけて非常にありがたいです。
僕もどうしても消費者目線、ファン目線でのポジショントークしかできないので、無理解な言葉も出てしまうことをご了承ください。

メーカー側にしてもファンを苦しめたい、利益だけを考えて商売しているわけではないですもんね。
確かにRAHのクウガアルティメットの例のように、売れる商品を予想するのは難しいですね。僕自身も新しいフィギュアが出て、自分一人が興奮して、周りはそうでもない反応をされたことが何回かありました。

ファンからでも予測するのは難しいのに、メーカー側ならもっと難易度高いのでしょうね。

クローズはおっしゃる通り残念ではありますが、なかなか今の景気ではメーカーもファンも納得させていくの大変ですよね。

とにもかくにもどうにか価格や販路が納得できるものでかつ、ユーザー層が広がって、メーカーの利益も増えるような状況になってくれれ、未来は明るくなると思います。

貴重なご意見ありがとうございました!
これからも当ブログをよろしくお願いします!

--------追記ここまで--------

追記:2017/12/17

はたらくギロチンさんへのコメントの返信です。

いつも楽しく拝見しております。
私はとあるホビーメーカーに勤める者です。
私自身も消費者であり、一方で供給側の人間でもございますのでどちらの意見も非常にわかります。
ゆとぴさんの愚痴に触発されましたので、私も世間への愚痴半分とメーカーへの愚痴半分で愚痴100%を申し上げます。
世間への愚痴というと大層に聞こえますが、単に業界全体が苦しい状況にあるという事です。放送アニメ1つとっても飽和状態にあり、消費者の関心が非常に薄まっています。当たりのアニメが世に出てきたとしても、放送が終われば関心は一気に無くなり新しいアニメへとファンは移っていきます。放送される数も多く、一山当てるのは非常に非常に稀でございます。いわゆる現代のオタク層は広く浅くを好みますので、消費に繋がる事は少ない様です。それでも消費の薄くなった現代においても一山当てやすいものがございます。それが限定品です。特にイベント限定が好ましく、問屋さんや小売りを介さないので利益の確保も比較的容易です。(イベント自体は休日なので非常に辛いですが...)また、自前の通販サイトがあれば同様に好ましいです。
以上より、苦境に立たされている私達の業界は少しでも利益を確保する為に限定商法というシステムを利用しているのです。
その他にも材料費の高騰などもございますが、キリがないこで割愛致します。

次にメーカーへの愚痴です。
今年の魂ネイション一連の出来事、非常にお粗末でしたね。地方のお客さんも考えず、転売屋を潤すだけのシステムには呆れました。メーカーとしても限定品は非常にデリケートな商品ですので、あそこまで消費者を馬鹿にした商法は企画を考えた人間がよっぽとアレだったのだと思います。最近は売れるキャラもプレバンで取り扱っているという意見には共感致します。プレバンでのネット販売はある意味転売屋対策にもなってますし、予約すれば必ず手に入る、割引前提の現代のシステムがある意味おかしいのも重々承知ですが、なんでもかんでもというのは少しシラけてしまいますね。
ただ、装動をはじめとした食玩系は消費者としても供給者としても非常に素晴らしいと思います。採算が合ってないのはわかりますし、限定じゃなきゃ出せない商品なんかもプレバンを利用して上手く発売していると感じます。現代においてバンダイ食玩部門は良心的な組織であると思います。

以上でございます。
長々と大変失礼致しました。
今回の記事は私も思うところがありましたので、コメントさせて頂きました。
これからもゆとぴさんのFRCを楽しみに日々過ごして参ります。
寒い季節でございますが、ご自愛の程お願い申し上げます。

最後にBさんに一言。

クローズなんて一般で売れるに決まってんだろ!タコ!!!

メーカー様にお勤めということで、大変貴重な意見ありがとうございます。僕自身も非常に勉強になりました!

世間への愚痴に関しては僕自身も感じるところはあります。
今回の記事ではほとんどファン目線、消費者目線での愚痴となっていましたが、コンテンツ製作会社やグッズメーカーが苦境なのも重々承知しています。
特にアニメの消費サイクルは非常に早いですよね。『おそ松さん』しかり『進撃の巨人』しかり冷めるのが早い。
2期までの期間がそこまで空いていない『おそ松さん』でさえこの状況ですから、予測の難しさを痛感します。

その状況で生き残るための限定品販売も理解できます。僕自身もすべての限定品に反対というわけではありません。ある程度の限定品ならばそれを手に入れるまでの不安と期待や、手に入れたあとの達成感なんかは刺激になります。(オタクというのはそういったプレミア感に弱い生き物でもありますしw)
やりすぎは良くないですが、上手くメーカーの利益と消費者の体力や熱量のバランス取れれば両者幸せな状況になると感じます。
どうにかここ数年のコンテンツの大量消費が良い方向に向かってくれればいいのですが・・・。

メーカーへの愚痴に関してですが、やはりメーカー関係者のなかでも今年の魂ネイションは不評のようですね(全員からとは思いませんが)。
プレバンのサーバー増強自体はしていたようですが、バンダイの見通しの甘さが露呈していたと思います。そのお詫びを込めての真骨彫ジョーカーの受注生産でしたね。
プレバンとQRコードを利用した事前購入自体は例年に比べて非常にスムーズに購入できたので、今後も活かしてほしいです。しかしおっしゃる通り、地方のファンに優しくないやり方は避けてほしいところです。これで冷めたファンも確実に存在します。それは損失以外のなにものでもないです。
クローズのプレバン行きもそうなのですが、ツイッターでもすぐわかるようなファンからのヘイトを溜めてしまう行為は客商売としてはなるべく避けなければいけません。長期的にみて会社のみならず、業界全体の衰退につながりますからね。

装動やミニプラをはじめとしてバンダイの食玩部門は愛を感じますね。状況や価格帯も異なるボーイズトイと一丸に比べてしまうのは横暴ではありますが、ファンフレンドリーな非常に素晴らしい仕事をしてくれていると偉そうに思っています。なかなかできることではありませんよね(ファンでも心配になってしまうぐらいですw)。大装動の品薄からの高額転売にも、再販してくれたのはまさに神対応です。
プレバン行きアイテムの見極めも上手く、ラインナップにも納得ができるものでしたね。素晴らしいの一言です。

参考になるご意見ありがとうございました。
ブログも見てくれているとのことで、とても嬉しいです!

はたらくギロチンさんもお体に気を付けて、同じファンとして、そしてメーカー様として一緒に業界を盛り上げられたらと思います!
お仕事応援してます!

(やっぱりクローズぐらいは一般販売が妥当ですよね!!!!)

--------追記ここまで--------

シェアしてみんなに教えてあげよう!


 comment
  1. しがない店舗スタッフ より:

    気持ちはわかります。
    が、昨今のフィギュアって一般ユーザーが思っているより

    ●売れない

    上に

    ●儲からない

    のが実情です。
    版権元の版権料は変わらないのに、フィギュアの原価も工場の人件費も上がっている
    (時々『え、それプレバンじゃなく一般なの!?』てアーツがありますが、それも版権料が左右されている事があります)。
    利益を出す為には大量生産して一体あたりの原価を下げるしか無いのですが、そうやって作ったアイテムが店舗在庫になると、バンダイ的にも販売店的にも苦しい。

    実例と言うのは少し違いますが、メディコムのRAHクウガアルティメット。
    平成ライダー屈指の人気最強フォームが満を持しての発売でしたが、amazonなどの価格をご覧いただければわかる通り、売れ行きは大きく伸び悩みました。
    アーツ真骨彫製法のプレバン限定品も、定価割れで販売されている物が多いのも在庫数だけ倉庫に増え、後の出足がパタリと止まるからです。

    バンダイの肩を持つ訳では決してありませんし、クローズがプレバン限定と言うのはビックリ&ガッカリですが6月発送というのを見れば分かる通り、その頃劇中でクローズの基本フォームが活躍しているか予想し難いですしね……

    プレバンは一定の受注数を見た上で、受注開始から変動を見て利益を得る事ができる最小ロット数から追加→余剰は蔵出し販売等に回す等できる(ちなみにどの業界もそうですが、受注販売はロットをかけられないので本当儲かりません。やるだけ損or商品が高くなりだけ)ので、『小売回さず儲けたいから!』では無く、シリーズの継続的には仕方の無い事なのだと思います。

    売れ行きが期待できる主役ライダー以外はなかなか難しいの難しいの難しい時代なのでしょうか。エグゼイドは主役級3人が出てビックリしましたが、エグゼイド以外の2人はかなり数を絞ったそうです。
    重ね重ねクローズはもう1人の主役であるとも言えるだけに、残念です。
    高騰する原価問題が落ち着いて、ユーザーの裾野が一気に広がればー……難しそうですが、それを期待するしかなさそうですねこの問題。

    • ゆとぴ より:

      コメントありがとうございます!
      返信は記事の追記でしてありますので、よかったらご覧くださいませ。
      これからも当ブログをよろしくお願いします!

  2. はたらくギロチン より:

    いつも楽しく拝見しております。
    私はとあるホビーメーカーに勤める者です。
    私自身も消費者であり、一方で供給側の人間でもございますのでどちらの意見も非常にわかります。
    ゆとぴさんの愚痴に触発されましたので、私も世間への愚痴半分とメーカーへの愚痴半分で愚痴100%を申し上げます。
    世間への愚痴というと大層に聞こえますが、単に業界全体が苦しい状況にあるという事です。放送アニメ1つとっても飽和状態にあり、消費者の関心が非常に薄まっています。当たりのアニメが世に出てきたとしても、放送が終われば関心は一気に無くなり新しいアニメへとファンは移っていきます。放送される数も多く、一山当てるのは非常に非常に稀でございます。いわゆる現代のオタク層は広く浅くを好みますので、消費に繋がる事は少ない様です。それでも消費の薄くなった現代においても一山当てやすいものがございます。それが限定品です。特にイベント限定が好ましく、問屋さんや小売りを介さないので利益の確保も比較的容易です。(イベント自体は休日なので非常に辛いですが...)また、自前の通販サイトがあれば同様に好ましいです。
    以上より、苦境に立たされている私達の業界は少しでも利益を確保する為に限定商法というシステムを利用しているのです。
    その他にも材料費の高騰などもございますが、キリがないこで割愛致します。

    次にメーカーへの愚痴です。
    今年の魂ネイション一連の出来事、非常にお粗末でしたね。地方のお客さんも考えず、転売屋を潤すだけのシステムには呆れました。メーカーとしても限定品は非常にデリケートな商品ですので、あそこまで消費者を馬鹿にした商法は企画を考えた人間がよっぽとアレだったのだと思います。最近は売れるキャラもプレバンで取り扱っているという意見には共感致します。プレバンでのネット販売はある意味転売屋対策にもなってますし、予約すれば必ず手に入る、割引前提の現代のシステムがある意味おかしいのも重々承知ですが、なんでもかんでもというのは少しシラけてしまいますね。
    ただ、装動をはじめとした食玩系は消費者としても供給者としても非常に素晴らしいと思います。採算が合ってないのはわかりますし、限定じゃなきゃ出せない商品なんかもプレバンを利用して上手く発売していると感じます。現代においてバンダイ食玩部門は良心的な組織であると思います。

    以上でございます。
    長々と大変失礼致しました。
    今回の記事は私も思うところがありましたので、コメントさせて頂きました。
    これからもゆとぴさんのFRCを楽しみに日々過ごして参ります。
    寒い季節でございますが、ご自愛の程お願い申し上げます。

    最後にBさんに一言。

    クローズなんて一般で売れるに決まってんだろ!タコ!!!

    • ゆとぴ より:

      メーカーさまにご勤めされている方からのコメント非常に嬉しいです!
      返信は記事の追記にてさせていただいたので、お時間ある時にでもご覧ください。
      これから当ブログをよろしくお願いいたします!

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!