『アベンジャーズ4(仮)』上映時間は前作越えの「3時間」に?VFXは3000を超えるとの情報も!

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

近年でも稀にみる超大作になると噂されるマーベル・スタジオ最新作の『アベンジャーズ4(仮)』。現在はほとんどの撮影が終了し、編集作業の真っただ中と伝えられています。

そんな今作は前作『インフィニティウォー』を超えるさらに長い上映時間になるかもしれません。

4作目は現在3時間越えの上映時間に!

『アベンジャーズ4(仮)』の監督の1人であるジョー・ルッソ氏は、イベントにて登壇し、様々な質問に回答しています。


その中で『アベンジャーズ4(仮)』の上映時間に関する質問に対して、このようにコメントをしています。

アベンジャーズ4は上映時間は現在3時間を超えています。公開時までそのままで行くかはわからないが、現状では3時間になっている。』

前作の『インフィニティウォー』が2時間29分と、比較的長めな尺の作品となっていましたが、それでも駆け抜けるようなストーリーでその長さを感じることはありませんでした。
その上映時間を超えてくる可能性もあるということで、非常に情報量の多い作品となるのは間違いないでしょう。

監督は以前にも上映時間に関して、「必要ならば簡単に3時間を超える映画になる」とも発言しており、どれだけ濃密な要素が詰め込まれているのかが予想できるでしょう。

今作にはVFXシーンが3000を超え、製作費に関しても前作を超えているといわれています。果たしてサノスに敗れたアベンジャーズは、消滅していった命を取り戻し、サノスを倒すことができるのでしょうか?
また新たな情報が入り次第お知らせいたします!

『アベンジャーズ4(仮)』は2019年5月3日に全米公開予定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!