『アベンジャーズ/エンドゲーム』にイギリスのヒーローにつながる言及が?

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

※この記事には『アベンジャーズ/エンドゲーム』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

4月26日より公開した『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、世界でも類を見ないほどの勢いで大ヒットを記録し、前代未聞の興行成績を残そうとしています。

今作は10年以上続いてMCUシリーズに区切りをうつ作品ではありますが、今後もシリーズは継続することは判明しています。

そんな将来の作品に登場する可能性のある新たなヒーローに関する言及が映画の中で確認されたかもしれません。

※この記事には『アベンジャーズ/エンドゲーム』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

キャプテンブリテンが存在している?

『アベンジャーズ/エンドゲーム』ではスティーブ・ロジャース/キャプテンアメリカと、トニー・スターク/アイアンマンががタイムトラベルによって1970年代のニュージャージー州の軍事施設に向かい、四次元キューブとピム粒子を奪取するシーンがありました。

そのシーンにてスティーブは身を隠すためにたまたま入ったのがペギー・カーターのオフィスでした。そこでペギーが話していた内容について、海外のファンはあることに気づきました。

A name drop I don't see mentioned. - Raddit

掲示板サイトの「Raddit」では、ペギーが「ブラドック」という名前を口にし、謎の気象現象が雷ではないといった内容を話していたといいます。

この「ブラドック」こそ、イギリスのヒーローであるキャプテンブリテンの本名「ブライアン・ブラドック」を示唆しているのではないかとファンは言及しています。
またフランスのメディアサイトでもこのことについての記事を配信していました。

AVENGERS ENDGAME : TOUS LES CLINS D'ŒIL QUE VOUS N'AVEZ PEUT-ÊTRE PAS VU

Avengers – Endgame : Les références cachées du film (clins d’œil, caméos et easter eggs) !

キャプテンブリテンはミュータントである伝説的な魔術師のメルリンと娘のローマによって超人的な能力を授かり、英国法を守るヒーローとしてコミックに登場しています。ヒーローチームのエックスカリバーの創設者でもあります。また双子の妹はX-MENのメンバーであるサイロックでもあります。

もちろん映画のなかで出た「ブラドック」がキャプテンブリテンを指しているのかはわかりません。彼の父もジェームズ・ブラドックという名前を持っています。
ただMCUは細かい部分まで伏線を用意していることで有名です。『キャプテンアメリカ/ウィンターソルジャー』でもヒドラが言及した危険人物の名前にスティーブン・ストレンジ/ドクターストレンジの名前が確認されています。このころはまだ魔術師にはなっていないストレンジの名前をここで伏線として登場させています。

また以前にはマーベル・スタジオ社長ケヴィン・ファイギ氏から、キャプテンブリテンの登場の可能性についてコメントもしています。

今回のブラドックに関してもドクターストレンジの時のような伏線となれば、MCUシリーズで3人目のキャプテンが登場することになります。果たして次世代のMCUにはどのようなヒーローが登場するのでしょうか?
今後もキャプテンブリテンに関する新たな情報が入り次第お知らせいたします。