『アベンジャーズ:ザ・カーン・ダイナスティ』に『シャン・チー』監督就任 ー 他にも3作品の監督が決定

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

サンディエゴ・コミコン2022にて発表されたMCU新作映画『アベンジャーズ:ザ・カーン・ダイナスティ(原題)』の監督に、同じくMCUシリーズ『シャン・チー:テン・リングスの伝説』デスティン・ダニエル・クレットン監督が就任したことを有力海外メディアのハリウッド・レポーターが報じた。

『シャン・チー』では飽きさせないカンフーアクションや、ファンタジーな世界観表現などで評価を得ていた作品なだけに、今作でもさらに期待をできる内容になりそうだ。

さらにこのほかMCU新作映画『ブレイド』にはバッサム・タリク監督(『Mogul Mowgli』)、『キャプテン・アメリカ:ニュー・ワールド・オーダー』にジュリアス・オナ監督(『クローバーフィールド・パラドックス』)、『サンダーボルツ』にジェイク・シュライアー監督(『ペーパータウン』)の三人が就任したことを報じている。いずれの監督も以前からプロジェクト参加へのウワサがあったため、改めて公に確認されたことになる。

今回発表された映画は全てがフェイズ5とフェイズ6に属する新作映画で、まだどのような内容になるかもわかってはいない。出演者に関しても『ブレイド』のマハーシャラ・アリ以外は公式に確認されている俳優もいないのが現状だ(『キャプテン・アメリカ』はアンソニー・マッキー&セバスチャン・スタンの可能性は高い)。

ただいずれの作品もファンからの注目度の高い映画となっており、そのうち『ザ・カーン・ダイナスティ』と『サンダーボルツ』の2つはアッセンブル系映画のになるため、どのようなヒーローたちのクロスオーバーが楽しめるのか気になるところだ。

今後MCU新作映画に関する情報が入り次第お知らせしていく。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。