『アベンジャーズ/シークレット・ウォーズ』、『ブラックパンサー』監督が候補に? ー マルチバース・サーガラストの映画

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズのフェイズ4から始まるマルチバース・サーガで、そのラストの作品として公開を予定している映画『アベンジャーズ/シークレット・ウォーズ』
いまだにその内容についてはよくわかっていないが、同名コミックのようにマルチバース間の戦争が描かれると予想されている。

そんな今作でメガホンを取る監督候補に、『ブラックパンサー』2作品を制作したライアン・クーグラー監督の名前が浮上していることが海外のスクーパーより明らかになった。

現在はマーベル・スタジオ側と交渉中のステータスであるようだが、彼の手腕や実績を見ればMCU重要作品である『シークレット・ウォーズ』に名前が挙がるのも理にかなった選択とも言えるだろう。
スクーパーは今回の情報が信頼あるソースからのものとして、自信を持って伝えている。

ライアン・クーグラー監督は『ブラックパンサー』にてアカデミー賞の作曲賞・美術賞・衣装デザイン賞3部門を獲得しており、当時はアメコミ映画としても史上最もアカデミー賞を獲得した映画として話題にもなっていた。2022年には期待の新作『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』の公開も控えているため、いまハリウッドでも最もホットな監督のひとりであることは間違いないだろう。

クーグラー監督が手掛けるアベンジャーズ映画がどのような作品になるのかも注目である。

ちなみに『シークレット・ウォーズ』の前に公開をする『アベンジャーズ/ザ・カーン・ダイナスティ』では、『シャン・チー/テン・リングスの伝説』デスティン・ダニエル・クレットン監督がメガホンを取る予定だ。

『アベンジャーズ/シークレット・ウォーズ』は2025年11月7日に全米公開予定だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。