『アベンジャーズ インフィニティウォー』の予告から解るヒーローたちの「新スーツ」「新武器」まとめ

      2018/02/14

この記事を書いた人

ゆとぴ

FRC フィギュアレビューセンターの管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。たまにアニメも。イベントも。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc フィギュア垢

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

2017年11月に第1弾予告が公開され、2月「スーパーボウル」の際には新規カット満載のTVスポットが公開された『アベンジャーズ インフィニティウォー』
2019年には4作目となる『アベンジャーズ4(仮)』の公開も控えています。

今作はヒーローたちがクロスオーバーすることも楽しみの一つではありますが、そのヒーローたちを彩るスーツや武器なども魅力の一つ。

というわけで今回は『アベンジャーズ インフィニティウォー』の予告などから分かるヒーローたちの新スーツや武器をまとめてご紹介します!
判明する度に随時更新していきます!

アイアンマンの新スーツ

2008年の『アイアンマン』を始め、今回で8作品目の登場となるアイアンマンことトニー・スタークは、毎回新たなスーツを引っ提げて登場してきました。
今のところ2017年の『スパイダーマン:ホームカミング』のマーク47までが、最新スーツということになっています。

アイアンマン マーク48?

『インフィニティウォー』でももちろん新たなスーツが登場!
新スーツの動く姿は予告の他にも、ディズニーパリのマーベルイベント宣伝動画でも観ることができます。

またフィギュアブランドのマーベルレジェンドでもその姿を確認できます。



より丸みをましたようなデザインで、全体的に人体の筋肉にも見えるようなデザインとなっています。新スーツの名前がマーク48なのかは今のところ不明。

またこの新スーツはブラックパンサーのように、スーツが体を包んでいくタイプの装着方法になるのではないかと言われています。

'Avengers: Infinity War' Super Bowl Spot Debuts New Iron Man Tech

TVスポットの0:17付近では装甲がトニーの体を包んでいくのがわかると思います。

これはまさにブラックパンサーのスーツの装着方法と似ているため、ワカンダの技術が使われているのではないかと推測されています。

また新スーツには大型のスラスターが装備されるのではないかとコンセプトアートや、レゴ画像から予想されています。

ハルクバスター2.0

続いては2015年の『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』に初登場した巨大アーマーのハルクバスターです!

Official Concept Art for the Hulkbuster 2.0 has appeared online. from r/marvelstudios


※表示されない方はこちらをクリック。

以前のハルクバスターと違い、こちらも丸みが増えたデザインとなっています。名前はハルクバスター2.0。
第1弾予告編でも登場していましたね。

出典:©MARVEL

しかしこのハルクバスター2.0はトニーではなく、ハルクことブルース・バナーが装着するのではないかと噂されています。

出典:©MARVEL

着地のモーションや、ハルクバスターの腕のそばに立つブルース・バナーなど、それを思わせるようなポイントがいくつか存在しています。
画像はありませんが、『インフィニティウォー』のレゴではハルクバスターのセットにブルース・バナーのミニフィグ(レゴのフィギュア)がついており、ますますその可能性が高まっています。


ウォーマシンは?

同じく『アイアンマン』シリーズでは欠かすことのできないウォーマシンことローディも『インフィニティウォー』に登場します。
ウォーマシンに関する情報は少ないのですが、2016年の『シビルウォー/キャプテンアメリカ』では半身不随のような負傷をしながらも、また再登場してくれるのは嬉しい限りです。


予告編やアメリカの雑誌「Vanity Fair」の表紙を見る限りだと、『シビルウォー』に引き続いてマーク3を着ているように見えます。

ウォーマシンに関しては新たな情報が入り次第追記していきます。

スパイダーマンのスーツ

続いてはマーベルの人気ヒーロー・スパイダーマン!
第1弾予告から新スーツが登場するのは判明していましたね。

このスーツは2017年の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の最後に登場したアイアンスパイダーマンスーツですね。
マーベルレジェンドの画像も公開されています。



大きな胸の蜘蛛マークや、予告でも特徴的な鉄のようなテクスチャのスーツなどなど、様々な要素がありましたね。
これはコミックのアイアンスパイダーマンがモチーフだと言われています。

出典:©MARVEL

そしてこのモチーフ通り、背中には4本アームも新たな装備として追加されると、『インフィニティウォー』のレゴのミニフィグから判明していました。(残念ながら画像はありません)

スターク製ということで、『ホームカミング』版に続いて様々な機能を備えていそうですね。
ちなみにTVスポットには以前のスーツも登場しています。

出典:©MARVEL

キャプテンアメリカの新たなシールド

出典:©MARVEL

TVスポットで初お披露目されたキャプテンアメリカに新たなシールド
『シビルウォー/キャプテンアメリカ』のラストにて、トニーに相応しくないといわれ、返却したヴィブラニウム合金シールドに代わるものですね。

ワカンダの技術を使って作られたようなデザインで、収納状態からの展開が予告では確認できます。
大きさ的には前のシールドよりは小さ目な印象ですね。どちらかというとブラックパンサーが持っていた方が似合いそうな気もしますw

ちなみにこのシールドを作ったのは、ブラックパンサーことティ・チャラの妹シュリではないかと言われています。彼女も『インフィニティウォー』に登場予定です。

またマーベルレジェンドのフィギュアにも付属品として確認されていました。



ただこちらはデザインが少し異なっているので、もしかしたら別の武装とも考えられます。

ウィンターソルジャーの腕

出典:©MARVEL

ウィンターソルジャーことバッキーは、『シビルウォー』でアイアンマンで金属の腕を破壊され、その後自身の洗脳が解ける技術が見つかるまで、ワカンダで冷凍睡眠することとなっていました。
その2年後、早くもバッキーは目覚めることに。

そして気になるのは復活した金属の腕。一体どのように作られたのかと気になりますよね。
このことに関しては監督の一人、アンソニー・ルッソ氏が『彼が眠っている国を考えればわかるよ』とインタビューに答えています。

バッキーの腕は、ワカンダでのみ産出されているヴィブラニウム製になる可能性がありますね。そうなればほぼ破壊することは不可能となります。
正に最強の左腕ですね。

ウィンターソルジャーがどのように目覚めるのかも注目していきましょう。

ソーのムジョルニアに代わる新たな武器

出典:©MARVEL

ソーの新たな武器も以前から噂されていました。上記の画像にも長物を持つソーの姿が確認されています。
お馴染みのハンマー・ムジョルニアはご存知の通り、2017年の『ソー ラグナロク(邦題:マイティ・ソー バトルロイヤル)』で、ヘラによって破壊されています。
ムジョルニアの代わりとなる新たな武器を『インフィニティウォー』で作られると言われています。

出典:©MARVEL

それがコミックにも登場する魔法の斧「Jarnbjorn」だと推測されています。
ちなみにレゴのセットに付属するソーのミニフィグにはこの斧を持つ画像がリークされていました。

劇中ではソーは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のロケットとグルートと共に、Jarnbjornを求めて共にするようです。
予告編にもそれらしきシーンが登場していましたね。

出典:©MARVEL

果たして新たな武器は登場するのか?

まとめ

登場人物が非常に多いため、注目するポイントも多くなっていますねー。
ただどれもこれも気になるものばかりなので、早く映画で答え合わせがしたいです!

『アベンジャーズ インフィニティウォー』は2018年4月27日に日本公開予定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!

あわせて読みたい