マーベル・スタジオ社長、ヒーロー映画のジャンルにはない”フィナーレ”を見せると語る。

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

公開が迫るMCUシリーズ最新作『アベンジャーズ インフィニティウォー』の情報が少しづつ明らかになっています。
マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギ氏が、シリーズの”フィナーレ”についてインタビューで語りました。

'Avengers: Infinity War': Kevin Feige Discusses the "Ending" of the MCU

このジャンルでは見たことない終わり方

海外の情報誌Entertainmant Weeklyのインタビューでケヴィン氏は、

『エンディング、フィナーレというものに私たちは非常に興味をそそられました。なぜならこのジャンル(ヒーロー映画)ではあまり見ることができないからです。

ヒーロー映画においてのエンディング、フィナーレとは、作品やシリーズの終了と思われていますが、ケヴィン氏が描くものは従来のものと少し異なるようです。

『MCUのヒーローたちは致命的な負傷を受けても、(ストーリーで)最も必要とされたときには回復することができます。これはしばし観客に対して映画が永遠に続くものとして与えることになります。

ヒーロー映画というジャンルでは定石ともいえる流れが存在しています。

クライマックス前にヒーローは最大のピンチを向かえるが、最も盛り上がる場面ではしっかり回復して、再び困難や敵に立ち向かい、最終的には勝利します。

これはある意味「終わりのない流れ」とも捉えることができますね。
映画の中でヒーローは死ぬことは無い。あったとしても何かしらの方法で復活します。まさに終わりはないのです。

もちろんヒーロー映画において、ヒーローが勝つことは当たり前。しかしケヴィン氏はそこに終止符を打とうとしています。
これがケヴィン氏の言う今まで見たことのない「フィナーレ」です。マーベル新たなチャレンジをしようとしています。

またトニー・スターク/アイアンマン役のロバート・ダウニーJr.も、同じくフィナーレについてEntertainmant Weeklyのインタビューに答えています。
Robert Downey Jr. Says 'Avengers: Infinity War' Is a Heads-Will-Roll Scenario

『「これで終わり!アルマゲドンだ!」と言ってても、実はそんなことなくて・・・って展開はもうウンザリだよ。だけど今回は本当なんだ(笑)嘘じゃなくてね。首が取れて転がるような、そんなシナリオだよ。

実に恐ろしいことを離すロバート・ダウニーJr.ですが、今までのヒーロー映画にあったいわゆる”お約束展開””ご都合主義”のような展開は、『アベンジャーズ/インフィニティウォー』や『アベンジャーズ4(仮)』には用意されていないということです。
観客としても少し観るのに覚悟がいるのかもしれませんね。

以前にケヴィン氏や『アベンジャーズ4(仮)』の前と後だと全く異なるモノになるとも話していました。ファンが想像するものとは全く別の展開になると。

10周年を迎えたMCUシリーズは一体どこに向かっていくのか?注目していきましょう。

『アベンジャーズ/インフィニティウォー』は4月27日に日本公開予定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!