ドクターストレンジがアイアンマンスーツを着たシーンは撮影されていた! - 『IW』コンセプトアーツが実現間近だった

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

『アベンジャーズ/インフィニティウォー』はMCUシリーズで最初の大規模クロスオーバー作品であり、今まで共演していなかったキャラクターたちの絡みに興奮したファンは多く存在するだろう。

中でもトニー・スターク/アイアンマンスティーブン・ストレンジ/ドクターストレンジの共演はファンの中でもお気に入りのシーンである。

以前に公開されたコンセプトアートでは、トニーのスーツを着るドクターストレンジ案があったことがわかっているが、実はそのシーンは撮影されていたことがわかった。

ストレンジ救助のためにアイアンマンスーツを装着!

『アベンジャーズ/インフィニティウォー』の脚本家であるクリストファー・マルクス氏スティーヴン・マクフィーリー氏は、今作において採用されなかったシーンの裏側を公開。そこにはファンが興奮すること間違いなしのシーンが存在していたことが明らかになった。

写真の中にはアイアンマンスーツのスーツを着て撮影をするドクターストレンジ役のベネティクト・カンバーバッチと、横に立つトニー・スターク役のロバート・ダウニーJr.の姿が映っている。背後にはグリーンバックもありまさに映画の撮影をしている様子であることがわかる。
おそらくシーンとしてはエボニー・マウの船に乗っているところだと考えられる。

以前に公開されたものはコンセプトアートのみだったので、まさか撮影されていたとは思いもよりませんでしたね。
これぞまさにクロスオーバー、どうして採用されなかったのかと疑問に思ってしまうほど、最高のシーンであることは間違いありません。

ちなみに公開されているコンセプトアートはこちら。

こちらではストレンジの胸がアークリアクターではなく、アガモットの眼になっていることがわかる。
ただ撮影の時点ではそのままアークリアクターになっており、撮影の段階で変更されたのか、後からCGによって変更する予定だったのかはわからない。

いずれにしてもストレンジがアイアンマンスーツを着るというエモすぎるシーンが実際に撮影されたというのは嬉しすぎる。今後このクロスオーバーが見られる確率は低そうだが、どこかのDVDの特典などで撮影されたシーンをぜひとも拝みたいところだ。

『アベンジャーズ/インフィニティウォー』は現在動画配信サービスで視聴することが可能となっている。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

  1. 11 より:

    > ただ撮影の時点ではそのままアークリアクターになっており、撮影の段階で変更されたのか、後からCGによって変更する予定だったのかはわからない

    あのアーマーはあくまでCGをハメるガイドのような物で、ダウニーJr.がマーク85を装着、出演シーンもずっとマーク50のアーマーでした

    • ゆとぴ より:

      なるほどそういうことだったのですね!理解しました!
      教えてくださりありがとうございます!

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。