『アベンジャーズ/エンドゲーム』予告にあったトニーとキャプテンの和解シーンはフェイクだった? - 監督が意味深コメント

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

いよいよ公開まで3週間を切ったマーベル・スタジオが送る史上最大の話題作『アベンジャーズ/エンドゲーム』
今作の内容に関しては『アベンジャーズ/インフィニティウォー』よりも厳重に管理され、予告編ですらフェイクシーンが多く盛り込まれている言われています。

先日公開された予告編には『シビルウォー/キャプテンアメリカ』で亀裂が走っていたトニー・スターク/アイアンマンと、スティーブ・ロジャース/キャプテンアメリカが和解するシーンが盛り込まれていました。

しかし監督の新たなインタビューでは、このシーンですらフェイクであることを示唆するコメントがされています。

『あのシーンは実際にはない』

海外メディアのFOX 5 DCのインタビューに答えた『アベンジャーズ/エンドゲーム』のジョー&アンソニー・ルッソ監督は、予告編にあるトニーとキャプテンの和解シーンについて言及しました。

あのシーンは実際にはありません。私たちはファンが予告から内容を推測することを難しくするために、予告編を操作していることを伝えたいです。』

ジョー・ルッソ監督はこのようにコメントしました。また次のようにも話しており、まさにどっちつかずな回答をしています。

もしかしたらそれは映画の中にあるのかもしれませんね

おそらく公開前に予告編のどのシーンがフェイクなのかを答えてくれることはないでしょう。
昨年公開した『インフィニティウォー』の予告編にもいくつかフェイクシーンがありましたが、それで大まかな内容を読み解くことはできました。

しかし『エンドゲーム』に関しては下手をしたら予告編のためだけに特別な撮影が行われたと思えるような気がしてならないですね。それほど今作の内容はサプライズに満ちているのでしょう。監督を含めた製作陣やキャストも複数のインタビューで、いまにも言いたそうな笑みを浮かべながら今作についてコメントしているのも印象的でした。

果たして今作でトニーとキャプテンは和解することができるのでしょうか?注目していきましょう。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』は2019年4月26日に日本公開予定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!