『エンドゲーム』、○○と○○○・○○○○が○○○○○へ行く内容が存在していた! - ○○○○○との夢の対決も!

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

※この記事には『アベンジャーズ/エンドゲーム』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

2019年4月26日についに公開された『アベンジャーズ/エンドゲーム』。まさに破竹の勢いで世界の興行収入記録を打ち破っている今作は果たしてどこまで行ってしまうのでしょうか?

内容もほとんどのマーベルファンが絶賛できるような完璧ともいえるものになっていましたが、実はまだファンが見たいと思えるようなストーリーがカットされていたことを今作の脚本家が明かしました!

※この記事には『アベンジャーズ/エンドゲーム』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

トニーとヘイムダルが対決していたかも?

※本記事の正式タイトルは「『エンドゲーム』、ソーとトニー・スタークがアスガルドへ行く内容が存在していた! - ヘイムダルとの夢の対決も!」

『アベンジャーズ/エンドゲーム』の脚本を務めたクリストファー・マルクス氏スティーヴン・マクフィーリー氏は、海外メディアのFandagoのインタビューに答え、今作のドラフトで存在していた別のストーリーについて明かしました。

EXCLUSIVE INTERVIEW: THE 'AVENGERS ENDGAME' WRITERS BREAK DOWN THE BIGGEST MOMENTS IN THE MOVIE [SPOILERS!]

『私たちの最初のドラフトではトニー・スタークとソーがアスガルドへタイムスピップする内容だった。理由としてはトニーがアスガルドで”科学VS魔法”のバトルをしてくるのを見てみたかったからです。トニーはヘイムダルと戦う予定でした。トニーが目に見えないステルススーツを着ていたとしても、ヘイムダルは見つけ出すことができる。』

『エンドゲーム』では過去からインフィニティストーンを集めるためにアベンジャーズのメンバーがタイムスピップをする内容があります。ソーはロケットとともに2014年のアスガルドへ飛び、そこでエーテルを吸収したジェーンからリアリティストーンを回収する任務を遂行しました。

しかしソーの相棒がロケットではなく、トニー・スタークだったパターンもあったとは驚きですね。トニーがアスガルドにいってどのような反応をするのかぜひとも見てみたかったです笑
しかも2014年当時はまだ健在だったヘイムダルとのバトルとはまた夢が膨らみます!どのような理由から2人がバトルになってしまうのかはわかりませんが、いずれにしてもこの展開はファンなら誰しも興奮しそうな内容です!

結果的にトニーはキャプテンアメリカやスコット、ハルクとともに2012年のNY決戦にタイムスリップします。そして四次元キューブの奪取に失敗し、キャップとともに1970年代へ再びタイムスリップしました。
そこでトニーは若いころのハワード・スタークと出会い、感謝の言葉を伝えることができました。

10年以上続いてきたトニー・スタークの物語を締めくくるためには、この内容は必要不可欠だったかもしれませんね。

いずれの内容にしても、マーベルファンにとっては大満足の出来だったことは変わりないでしょう。ぜひともインフィニティサーガの最後として『アベンジャーズ/エンドゲーム』を劇場で鑑賞しましょう!

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!