『エンドゲーム』にはなぜ〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇が〇〇〇〇のか? - 監督が理由を明かす

      2019/05/03

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

※この記事には『アベンジャーズ/エンドゲーム』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

10年以上に及んだインフィニティ・サーガのフィナーレとなったマーベル・スタジオ最新作『アベンジャーズ/エンドゲーム』。多くのファンが感動体験をした今作は、怒涛の勢いで興行収入の記録を打ち破っています。

しかし今作にはシリーズおなじみのものが存在していませんでした。その理由について監督が改めてコメントをしています。

※この記事には『アベンジャーズ/エンドゲーム』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

『まさに”エンドゲーム”だったからだ』

※本記事の正式タイトルは『『エンドゲーム』にはなぜポストクレジットシーンが無かったのか? - 監督が理由を明かす』

『アベンジャーズ/エンドゲーム』のジョー&アンソニー・ルッソ監督は、海外メディアのUSA TODAYのインタビューに答え、映画のラストにポストクレジットシーンが無かった理由を明かしました。

'Avengers: Endgame': The usual end-credits scene was 'never in the cards' (spoilers)

『今作はまさに”エンドゲーム(終盤戦)”だったというのが理由です。これが最後なのです。マーベルユニバースという章のの本は閉じられたので、また新たな本を書くことになります。

監督は今作のタイトルになぞらえて、『エンドゲーム』がシリーズの最終作であったために、次の作品につながるポストクレジットシーンを用意しなかったとコメントしています(正確にはMCU最終作ではなく、インフィニティ・サーガの最終作ではあります)。

以前から監督はMCUシリーズを本に例えており、『エンドゲーム』が終了したことにより1つの物語が終わったことを表現しています。また今後は新たな本のためにストーリーが書かれていくこともコメントしました。

MCUシリーズは早くも夏に『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の公開が控えています。またジェームズ・ガン監督の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』の製作も予定されています。ほかにも『ブラックウィドウ』『エターナルズ』『シャン・チー』などの製作が噂されています。

インフィニティ・サーガは終わってしまいましたが、マーベルユニバースはまだまだ拡大を見せていきます。果たして今後どのようなヒーローたちが活躍するストーリーを見ることができるのでしょうか?

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!