『アベンジャーズ/エンドゲーム』のプロモアートが公開!キャプテンマーベルやローニンも!

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

2019年大注目の作品であるマーベル・スタジオ最新作の『アベンジャーズ/エンドゲーム』
予告編が公開されて以降、様々な予想がされていますが、今回公式よりグッズに使用されるプロモアートが公開されました!




こちらはキャラクター別のプロモアート。いずれも『アベンジャーズ/インフィニティウォー』でサノスのスナップを生き残ったヒーローたちです。
一部は以前にリークされたアートから使用されているのも見受けられますね。

キャプテンアメリカは久しぶりにマスク姿を確認することができ、ローニンとして登場する予定のクリント・バートンは弓矢を構えるおなじみの姿が描かれています。

またアベンジャーズ作品には初登場のアントマンキャプテンマーベルの姿もあり、まさにアッセンブルといった雰囲気のあるアートになっています。


こちらはアベンジャーズの初期メンバーに焦点を当てたプロモアート。今作で再び集まる姿を見ることができるのでしょうか?


こちらはサノスとインフィニティガントレット。サノスの方は『インフィニティウォー』の序盤に脱ぎ捨て、『エンドゲーム』の予告にかかし状態となっていた鎧を再び身にまとった姿が描かれています。


最後に先日公開された、ローニンことクリント・バートンのプロモアートも!日本で登場するとみられるため、カタカナで「ホークアイ」「ローニン」の文字が描かれています。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』のプロモーションでは、『インフィニティウォー』で散っていたキャラクターはほとんど使われないといわれており、今後は今回描かれているヒーローたちを中心に商品が展開されていくと予想されます。

果たして映画では消滅したヒーローたちをすくうことができるのでしょうか?

『アベンジャーズ/エンドゲーム』は2019年4月26日に日本公開予定です。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です