『アベンジャーズ/エンドゲーム』新たな削除シーンが判明 - ハルクが火事現場で救出活動?

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

2019年に歴代最高の興行収入をあげた『アベンジャーズ/エンドゲーム』には、様々なカットシーンが存在している。その中にはなぜカットしてしまったのかと疑問に思ってしまうようなものも多く存在する。

そしてまた新たなカットシーンが判明。ハルクの活躍シーンが存在していたのだ。

『ダイハード』俳優も出演していた

『アベンジャーズ/エンドゲーム』の脚本家であるクリストファー・マルクス氏とスティーヴン・マクフィーリー氏は、今作からカットされたシーンを公開。それはスマートハルクのもう一つの活躍シーンだったことがわかった。

シーンは火事現場から人々を救い出すハルクのシーンとのこと。共有された写真には火事現場を再現した撮影セットの様子や、消防士役の俳優が写っている。
このシーンは本来『エンドゲーム』でスマートハルクの初登場シーンになる予定だったが、のちに食事をしながら子供たちのセルフィーに応じるシーンへと差し替えられた。

変更になった理由は明らかになっていないが、脚本家の2人は撮影に1週間かかったこのシーンを気に入ってたとのことだ。

ちなみに写真に写る手前の俳優は『ダイ・ハード』『ダイ・ハード2』に出演した俳優のレジナルド・ヴェルジョンソン

ヴェルジョンソンはインタビューの中でこのシーンがカットされたことについて次のようにコメントしている。

Avengers: Endgame Writers Reveal BTS Shot of Deleted Smart Hulk Scene

『私はこのシーンのキャラクターの一部を演じたが、彼ら(製作サイド)が私のシーンをカットしようとしているといっていた。私はとても落ち込みましたし、公開当初は映画を見に行けませんでした。複数の良い人たちと仕事をし、コラボレーションをして、とても良くできたと思ったのですが、彼らは私のシーンをカットしたといったのです』

レジナルド・ヴェルジョンソン自身はカットされたことに非常に落ち込んでいる様子。このシーンに相当の自信があったようだ。

現在このシーンが見られる場所はなく、今後公開されるのかもわからない。
『エンドゲーム』にはこのよう別のシーンに置き換えられてしまったものがいくつもあり、中でも有名なのがドクターストレンジがアイアンマンスーツを着たシーンだ。

このプロットはコンセプトアートのみのものだと思われていたが、実際に撮影まで行われていたのは驚きだ。

いつしかこういった日の目をみることがなかったシーンたちが公開される機会がくることを願いましょう。
『アベンジャーズ/エンドゲーム』は現在動画配信サービスで視聴可能だ。

関連記事を読む

コメントをする