『アバター』続編には火の種族『アッシュ・ピープル』が登場する?-ジェームズ・キャメロン監督が語る

この記事を書いた人

さくし

さくし

YouTubeフィギュアレビューなどを上げています/ラジオ ゆとぴのヒーロー界隈談義 サブMC/映画、特撮、デジモン、ヒロアカが好き

Twitter:@sekisakudigimon

Youtube:HuruSaku Channel

いつもご覧いただきありがとうございます。さくし(@sekisakudigimon)です。

ジェームズ・キャメロン監督が長年構想を続け公開された『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』。水に焦点を当てた今作は水中の映像表現が高く評価されている。
その次回作で、火を司る種族を登場させたいと、ジェームズ・キャメロン監督がインタビューにて語った。

インタビュー内で「次回作に期待していることは?」と尋ねられた監督は次回作の構想についてこう語った。

「これまで紹介したものとは異なる文化、火のアッシュピープルを表現します。これまでナヴィは良い面しか見せてこなかったので、違う角度から見ていきたいと思っています。最初の作品では、人間の非常にネガティブな例、ナヴィの非常にポジティブな例がありました。『アバター3』では、その逆をやります。また、主人公たちの物語を続けながら、新しい世界を開拓していきます。最後の数回は最高傑作になると断言できる。他のものは(最後のための)紹介であり、食事を出す前のテーブルセッティングの方法であった。しかし、もちろん、アバター2がどのように受け取られるか、観客を見つけられるかどうかにすべてがかかっています。

現在公開されている作品は、まだ最終章のための前座とも語っている。また、俳優との撮影についても以下のように語った。

「俳優との撮影は1年半かかりましたが、私のお気に入りの瞬間の一つです。モーションキャプチャーは、彼らのパフォーマンスを消すのではなく、高めるための手段なのです。それによって、何を具現化させるか、さらに踏み込むことができるのです。私の映画は、役者がいなければ成り立たないのです。演者のイマジネーションがなければ、映画は成立しないのです。」

最終章までは長い道のりだが、観客が見続ける限り、パンドラの世界は広がり続けることだろう。

『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』は現在劇場にて絶賛公開中!

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。