『アバター:ザ・ウェイ・オブ・ウォーター』は上映時間が長くなる?-監督『長さについて文句を言われたくないんだ』

この記事を書いた人

さくし

さくし

YouTubeフィギュアレビューなどを上げています/ラジオ ゆとぴのヒーロー界隈談義 サブMC/映画、特撮、デジモン、ヒロアカが好き

Twitter:@sekisakudigimon

Youtube:HuruSaku Channel

いつもご覧いただきありがとうございます。さくし(@sekisakudigimon)です。

ジェームズ・キャメロン監督による大人気作『アバター』。その続編である『アバター:ザ・ウェイ・オブ・ウォーター』の監督を務めるジェームズ・キャメロン監督がインタビューに対し、映画の長さに対し発言、Twitterなどで拡散され話題になっている。

海外の記事によると、ジェームズ・キャメロン監督がインタビューに答え「長さについて文句を言われたくないんだ」と語った。

「誰もが座って[テレビ]を8時間一気見するのに、長さについて泣き言を言うのはやめてほしい…’苦痛に満ちた3時間の映画…’とのほとんどのレビュー…勘弁してくれ。私は私の子供たちが座って5つの1時間のエピソードを続けて行うのを見てきました。」

ジェームズ・キャメロン監督作品は『エイリアン2』『タイタニック』『ターミネーター2』など、上映時間が長い作品が多くなっている。現在となってはMCUなど長い映画が一般化してきているが、当時としてはかなり異質な上映時間だったと言えるだろう。今回の発言から考えると、『アバター:ザ・ウェイ・オブ・ウォーター』も上映時間は長くなりそうだ。

『アバター』は当時売れっ子だったサム・ワーシントンを主演に迎えジェームズ・キャメロン監督が長年温めていたアイデアをCG技術をふんだんに使い映像化。2009年に公開され、エンドゲームに抜かれるまでの約10年間、歴代興行収入1位という偉業を成し遂げた。
公開から既に10年以上も経過しているが、大成功を収めた今作の続編は時間をかけて企画化され、この後4本公開されることになっている。

新たな物語の序章、『アバター:ザ・ウェイ・オブ・ウォーター』の12月16日全米公開予定!

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。