メイおばさんはサノスのスナップを生き残っていたのか? - 『FFH』の監督が明かす

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

マーベル・スタジオが展開するMCUシリーズのフェイズ3最終作となる『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の最新予告編が公開され、『エンドゲーム』のその後を描いていることから多くのマーベルファンを沸かせてくれました。

今作にはスパイダーマンのおなじみのキャラクターが前作に引き続いて登場してきますが、今までのシリーズで最も若々しいメイおばさんははサノスのスナップの時に生き残ることはできていたのでしょうか?その答えを今作の監督がコメントしています。

メイおばさんも消滅していた!

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のジョン・ワッツ監督は、海外メディアのFandagoのインタビューに答え、メイおばさんがサノスのスナップで生き残ることができたのかの答えを示しています。

EXCLUSIVE INTERVIEW: 'SPIDER-MAN: FAR FROM HOME' DIRECTOR JON WATTS BREAKS DOWN THAT WILD NEW TRAILER

メイおばさんは消滅してから戻ってきました。

あっさりと回答していますが、メイおばさんは残念ながらピーター・パーカー同様にサノスのスナップによって消滅していた1人のようです。『アベンジャーズ/インフィニティウォー』や『エンドゲーム』でも特に言及がされていなかったため、今回初めて判明してことになります。

実はメイおばさんだけではなく、ピーターの親友ネッドやミシェル、他のクラスメイトたちも消滅していたことも判明しています。なぜかスパイダーマンの関係者は総じて運が悪かったようにも見えますね。

『ファー・フロム・ホーム』は『エンドゲーム』のその後の世界を描く作品としては初めてで、しかも『エンドゲーム』の出来事のすぐ後からストーリーが始まるともいわれています。フェイズ3の最終作としても、今後のMCUシリーズとしても重要な作品になることは間違いでしょう。

余談ですが、2年ほど前にはメイおばさんを主人公にした映画が作られると噂されていましたが、今はどうなったのでしょうか?今後なにか進展がありましたらお知らせいたします(可能性は低そう)!

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は2019年6月28日に日本公開予定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!