エイサ・バターフィールド、MCUスパイダーマンのオーディションに落選していた - 『すべては上手くいった』

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCU版スパイダーマンの俳優といえば、もうファンの間ではおなじみのトム・ホランド。直近でスパイダーマンを演じた俳優の中でも、コミックのピーター・パーカーに非常にマッチしていると好評で、『シビルウォー/キャプテンアメリカ』の初登場以来でさらにスパイダーマンの人気を押し上げた立役者でもある。

そんなトム・ホランド選ばれるまでには複数の俳優が候補に挙がっており、その中の1人が当時を振り返りながらコメントをした。

『私は彼みたいにはできなかったと思う』

Netflixの大ヒットドラマ『セックス・エデュケーション』に出演した俳優のエイサ・バターフィールドは、海外メディアのコライダーのインタビューのなかで自身がMCUスパイダーマンのオーディションを受けていたことを明かした。

Asa Butterfield Addresses Losing Spider-Man Role To Tom Holland

『私は最終的に良い方向になると思います。スパイダーマン(に落選した)場合は、Netflixの「セックス・エデュケーション」を獲得することができ、私は同時に2つをすることはできなかったでしょう。

エイサ・バターフィールドはスパイダーマン役から落選したことによって、『セックス・エデュケーション』での役を勝ち取ることができたと語り、最終的に物事が良い方向に向かうと前向きなコメントをした。

それと同時にスパイダーマン役として一躍スターとなったトム・ホランドにも称賛を送った。

『できることは限られていますし、誰もが異なる場所で、異なるテイクを持って、異なる方法でキャラクターを見たり、異なる方法で演じる。(中略)トムはピーター・パーカーとして驚くべき演技をしました。そして彼は全く異なる描写を持っていました。それがシリーズにおいてうまくいっていると私は思っています。そして私は彼のようにはできなかったと思っています。結局のところはすべてがうまくいったのでしょう。』

エイサ・バターフィールドが演じるスパイダーマンがどのようなキャラクターになったかはわからないが、少なくともトム・ホランドのピーターとは全く異なるキャラクターになることは間違いないだろう。

彼はトム・ホランドがスパイダーマンを演じたことで、その世界観が成功へと向かったことについても前向きにとらえた。

トム・ホランドが再び出演するMCU版『スパイダーマン3』は2021年11月5日に全米公開予定です。

ゆとぴのひとこと

実写で別ユニバースのスパイダーマンが登場するときはぜひともエイサ・バターフィールド版のピーター・パーカーを見てみたいね。
@frc_watashi_ame

関連記事を読む

コメントをする