『アクアマン』の予告編が世界初公開!海底のアクション!アーサー・カリーの起源をめぐる!

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

アメリカで開催されている「サンディエゴコミコン2018」に出展している『アクアマン』の予告編がついに世界初公開されました!
すでにオンライン上でも話題となっています!

今作では主人公のアーサー・カリー/アクアマンの起源を巡りながら、異母(異父)兄弟のオーシャンマスターや、ブラックマンタなどのヴィランと対決、七つの海を自在に操ることのできるキングス・トライデント(王の三叉槍)の争奪戦が描かれます。
公式サイトでは今作の概要も公開されています。

『「アクアマン」は半分人間、半分アトランティス人のアーサー・カリーのオリジナルストーリで、彼の人生を描き出す。
アクアマンは自分の本当の姿に加え、王として生まれた価値があるのかに直面する。』

予告にはニコール・キッドマン演じるアクアマンの母アトランナが登場し、人間との間に子供をもうけるシーンも見られてます。この子供こそアーサー・カリー自身。
水族館のシーンではいじめっ子の1人に「魚と話せるんだよな」と問いかけられ、水槽の壁に叩きつけられています。
その後ガラスを割ろうとするサメと操り、アトランティスの王としての力が覚醒しています。

この「魚と話せる」という問いかけからの壁に打ち付けられるシーンは、昨年の『ジャスティスリーグ』でもありました。
そちらではブルース・ウェイン/バットマンがアーサー・カリーに問いかけていましたが、壁に叩きつけられていたのはブルースの方でした。

監督のジェームズ・ワン氏によると、今作のほとんどは海の中でのシーンともいわれており、ヒーロー映画として新たな表現やアクションを楽しむこともできます。

『アクアマン』は2018年12月21日に全米公開予定です。
またコミコンで同時に予告編が公開された『シャザム!』にぜひ注目を!

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!