『アントマン3』、再びワスプがメインキャラになることが判明 - 監督が明言

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

マーベル・スタジオはフェイズ4の新作ラッシュに向けて準備を進めているが、ファンが期待している続編『アントマン3』はまだ製作開始には至っていない。

しかし続編で再びメガホンをとるペイトン・リード監督は初めて3作目についてコメントをしてくれた。

『ワスプは非常に重要なキャラです』

『アントマン』、『アントマン&ワスプ』と撮影を手掛けてきたペイトン・リード監督は海外メディアのヤフーエンターテインメントのインタビューに答え、続編が2022年に公開されると報告し、続編でもワスプが重要な部分になると伝えている。

‘Ant-Man 3’ director Peyton Reed confirms Paul Rudd and Evangeline Lilly will share equal billing: ‘They’re a partnership’

『彼らはパートナーシップであり、彼女はその非常に重要な部分です。(中略)私たちが最初にマーベル映画で女性主人公を描いたと思います※。映画のなかで2人のバランスを見つけていくことは私にとって非常に重要です。なぜなら歴史的にみると(ヒーロー映画は)男性の主戦場だからです。しかしそれは今、本当に大きな変化を告げています。』

※単独作品は「キャプテンマーベル」が初

リード監督はワスプの重要性を語りながら、『アントマン3』でもスコット・ラング同様に主人公として描かれることを語った。

バディものとしてもマーベル映画としては珍しく、続編でもアントマンとワスプの活躍が見れることは非常に嬉しいことだ。

個人的には『エンドゲーム』で大人に成長した娘のキャシー・ラングがコミック通りにスタチュアとしてヒーローとなり、3作目で『アントマン&ワスプ&スタチュア』、なんてなってくれてたら面白そうですね。

ペイトン・リード監督は最後に3作目の製作について次のように語っている。

『まだ公式のものではないが、私たちはパンデミックの中で静かに取り組んでいます。

果たして『アントマン3』は一体どんな作品になるのだろうか?今後の情報に注目しておこう。

ゆとぴのひとこと

地味に2022年公開という情報も重要だよね。唐突でビビった。
@frc_watashi_ame

関連記事を読む

コメントをする