『アントマン3』は可能性十分あり?親友ルイス役俳優がインタビューで答える

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

現在撮影が行われているMCUシリーズ最新作『アントマン&ワスプ』
2015年1作目のヒットを受けて製作されている第2弾である。

そんな今作にも引き続き主人公スコット・ラング/アントマンの親友ルイス役として登場するマイケル・ペーニャがインタビューにて、『アントマン3』の可能性について言及しました。

MCUに爪痕を残したい

IGNとのインタビューでは、彼がソー役クリス・ヘムズワースと共に出演する『12ストロング(原題)』について尋ねられ、その中でMCUシリーズについても質問されています。

MICHAEL PENA TALKS ANT-MAN AND THE WASP AND HINTS AT A POSSIBLE THIRD MOVIE

『(クリス・ヘムズワースとは)最初にあった日にMCUについて話したよ。マーベルユニバースは他とは違うクラブみたいだ。僕が3作目の映画に出演するかどうかはわからない。本当に知らないんだ。だけど、マーベルユニバースに少しでも爪痕を残せたらカッコいいよね。スタジオはクールなことをしているクールなクラブなんだ。』

MCUについてクリス・ヘムズワースと話したというペーニャ。
本人は『アントマン3』で自身が出演することはわからないと発言していますが、その言葉から計画自体は存在しているようにも取れますね。

「爪痕を残したい」とも発言していますが、『アントマン』の時点でファンに大いに笑いを提供してくれているので、十分爪痕は残っているような気がしますよね。

MCUシリーズの単独映画は基本的に3部作構成で作られており、『アイアンマン』『キャプテンアメリカ』『マイティ・ソー』がすでに3作品公開し、ひとまず区切りがついています。『インクレディブルハルク』だけがユニバーサル・ピクチャーズとの権利関係で製作することが難しいことが演じているマーク・ラファエロの話から判明しています。
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』もすでに3作目に向けて始動している。

『アントマン』も例外ではなく、マーベル・スタジオの社長ケヴィン・ファイギ氏はすでに3作目をスケジュールに加えているとみられる。特に1作目のヒットを考えればなおさら可能性は高い。

今作はアントマンだけではなく、もう一人のヒーロー・ワスプの活躍も描かれる。そして二人は『アベンジャーズ4(仮)』にも登場予定で、少なくとも3作目はその後のストーリーとなると思われる。

『アベンジャーズ4(仮)』ではシリーズにとって大きな出来事が起こると予想されていますので、直後の作品である『スパイダーマン:ホームカミング』の続編と共に、『アントマン3』も注目を集めています。

ひとまずは『アベンジャーズ インフィニティウォー』の直後のストーリーである『アントマン&ワスプ』にも期待を寄せておきましょう。

『アントマン&ワスプ』は2018年7月6日に全米公開予定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!

小ネタはツイートでお知らせ中!