『アントマン3』、2021年6月に撮影開始の情報 - 依然として不確実な部分もあり

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

マーベル・スタジオがまだ正式に製作発表をしていないポール・ラッド主演映画『アントマン3』。先日米国では『アントマン&ワスプ』の公開から2年を迎え、そろそろ3作目に関する新しい情報を望む声も増えてきた。

そんななかで少し嬉しい情報が入ってきた。

ストーリーは全くの未知

海外メディアのマーフィーズマルチバースでは、マーベル・スタジオが『アントマン3』を2021年6月からアトランタで開始するという情報を伝えている。

‘ANT-MAN 3’ PRODUCTION UPDATE

新型コロナウイルスの影響で『ブラックウィドウ』などをはじめとしたマーベル・スタジオ作品の公開延期が相次ぐ中で、来年6月にはある程度感染拡大の影響も収まっているという見通しのものもとで成り立っているという。
しかし依然として先行きは不透明な状況が続いているため、後ろ倒しになる可能性は十分にあり得る。

一方で仮に来年6月に撮影が始まれば公開は2022年になることが予想される。

『アントマン3』の製作に関してはハンク・ピム役のマイケル・ダグラスが出演することを明らかにしており、公式に発表はないものの、ほぼ製作は確定済みとみられる。

ストーリーは全くの未知であるが、『アベンジャーズ/エンドゲーム』の後になることは確実だろう。
そうなればスコットの娘であるキャシー・ラングも成長しており、コミック版のようにスタチュアというヒーローになる可能性もある。

スタチュアはアントマンのように縮小する能力を持っており、異なるところはそれをスーツではなく、自身が持っている能力として使えるところだ。幼いころからピム粒子に触れることでそのような特殊能力を得ている。

またMCUに登場が噂される若いヒーローのチーム「ヤング・アベンジャーズ」の一員になるともいわれているのだ。

『アントマン3』に関してはまだまだ不明なところが多い。今後新たな情報が入り次第お知らせしていきます。

関連記事を読む

コメントをする