ビル・マーレイ、『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』出演にコメント ー 「悪役です」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズの新作映画として公開を控えている『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』
今作には『ゴーストバスターズ』で有名な俳優のビル・マーレイが出演することがわかっているが、現状では役柄については明かされていない。

そんなビル・マーレイ本人が海外メディアのイーライ・マニング・ショーに出演し、簡単に自身が「悪役」を演じていることをコメントした。

もちろん具体的なキャラ名については言及していない。
今作のヴィランについてはすでにジョナサン・メジャース演じる征服者カーンが登場することがわかっており、カーンがメインヴィランになると推測されている。
そこに加えてのビル・マーレイ演じるヴィランなのだから、第三勢力なのか、それともカーンの協力者なのかは気になるところだろう。

また過去の情報ではビル・マーレイは量子世界に住むキャラクターを演じるとのウワサもあったため、極小サイズのヴィランが登場する可能性もあるだろう。

気になることが多すぎる『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』は2023年7月28日に全米公開予定だ。

関連記事を読む