『アントマン・アンド・ワスプ』の撮影現場に初代ワスプ役ミシェル・ファイファーが参加!意味深なシーンの撮影?

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

撮影が勧められているマーベル最新作『アントマン・アンド・ワスプ』
今作にはヒロインのホープが新たなヒーローであるワスプとして登場。

ただ忘れてはいけないのが、ホープのワスプ2代目ということ。
初代ワスプはホープの母親で、ピム博士の妻でもあるジャネット・ヴァン・ダイン

そんなジャネットを演じるミシェル・ファイファーが撮影に参加する様子が海外メディアで公開されました!

※この記事にはネタバレの可能性のある内容が記載されています。苦手な方はご注意ください。

ジャネットはどういう経緯で登場するのか?

ここで1作目『アントマン』のおさらい。
彼女はその昔、初代アントマンのハンク・ピムと共にミサイルを阻止する任務で、殉職(正確には永久に縮小し続けている)しています。
1作目では真相のみ語られるだけで、回想シーンなどで素顔のジャネット・ヴァン・ダインが登場することはありませんでしたね。

今作ではそのジャネットにミシェル・ファイファーがキャスティングされているため、劇中にも登場することはわかっています。
その1シーンだと思われる撮影現場の写真が公開されています。


普通ならすでに死んでしまっている(と思われる)キャラが登場する際は”回想シーン”での登場が思い浮かぶと思います。
ただ公開されている写真のピムとジャネットは、”現代の姿”のように見えますね。

2人が悲劇的な別れをしたのが少なくとも数年前。回想シーンならばもう少し若くないといけないですよね。

ですが夫婦は明らかに70歳代の見た目になっており、ここから分かることは「ジャネットが復活したのではないか」ということです。
もちろん憶測の域をでないので、実際の映画でどうなるかは不明。

しかしピム博士はジャネットが生存しているのを信じて、その救出方法を研究し続けています。
劇中でアントマン/スコット・ラングが「永遠に縮小し続ける」現象から生還した際は、その状況について詳しく話を聞き出そうとしていましたね。

もしかしたら『アントマン・アンド・ワスプ』ではジャネットの生還が描かれるかもしれません。
そうなればホープとジャネット、ピムの再会が果たされますね。

まだまだ今作のストーリーついては公開されていませんので、どうなるかはわかりませんが、また新たな情報がありましたらお伝えします!

『アントマン・アンド・ワスプ』は2018年7月6日に全米公開予定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!