『アントマン&ワスプ:クアントマニア』カーンは万全の状態ではない? ー あの椅子が関わってるとも

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズのフェイズ5の最初の映画として公開を控えている『アントマン&ワスプ:クアントマニア』
今作には最凶のヴィランである征服者カーンがMCUに初登場することになっており、マーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏によればサノス以上の驚異をもたらすヴィランであることも示唆されている。

そんなカーン、実は初登場の時点では万全な状態ではないことがファイギ氏のインタビューから明らかになった。

”カーンは非常に強力なキャラクターですが、初登場時は彼は力を取り戻さなければならない状況にいる。彼はピム粒子を持つ天才科学者に接触することができれば、いつでもどこへでも行ける船と装置を使うことができる”

どうやらカーンはマルチバース間を移動できるような装置を所有しているのだが、ピム粒子が必要であるために天才科学者=ハンク・ピムに接触する必要があるようだ。そのためにカーンはまだ万全な状態ではないということなのだ。

予告編などからもスコット・ラング/アントマンと交渉をしているようなシーンもあることから、カーンはピム粒子を利用してマルチバース間を移動できる装置を起動できるようにすることが目的だと考えられる。

ちなみのその装置と思しきものも解禁されたスチルフォトから明らかにされており、コミックでも使用しているカーンの椅子がそれに当たると推測されている。

なぜカーンがこのような状態になって、量子世界にとどまったままになっているかは依然として不明だが、今回の映画をきっかけに今後のMCUシリーズに大きな脅威をもたらすことは間違いないだろう。

果たして征服者カーンは完全復活を遂げることになるのだろうか?そしてスコットやホープたちの運命はどうなってしまうのだろうか?
『アントマン&ワスプ:クアントマニア』は2023年2月17日に公開予定だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。