『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』カーンが写る意味深なアートが公開 ー スタントチームのTシャツから

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』のネタバレが含まれている可能性があります。苦手な方はご注意ください。

MCUシリーズの最新作であり、単独映画としては完結編にもなると言われている映画『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』では、サノスに次ぐ大ボスになると言われているヴィランの征服者カーンが初登場することになっており、その動向にも注目が集まっている。

そんな今作の撮影は概ね終了していると言われているが、今回撮影に参加しているスタントチームのひとりが明らかにしたTシャツのイラストがにわかに海外で話題になっている。

※この記事には『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』のネタバレが含まれている可能性があります。苦手な方はご注意ください。

‘Ant-Man and the Wasp: Quantumania’ Report: Possible FIRST LOOK at Kang and Scott (spoiler) Spotted

Tシャツの背中には大きく破損したアントマンのマスクが描かれており、そこには征服者カーンと思しき人物が反射していることがわかる。

アントマンのマスクが破損している時点でも不穏であることは確かだが、反射しているカーンの姿もコミックの青いフェイスになっていることにも驚きだ。

いまのところ映画でのカーンのビジュアルは解禁されておらず、ジョナサン・メジャースがどのように演じるのかは注目されていた。
映画に先駆けてドラマ『ロキ』にて”在り続ける者”という名前で、カーンの変異体と思しきキャラクターが登場していたが、そのときはコミックのカーンとは大きく異なるビジュアルをしていた。

タイムスリップを繰り返しながら平行世界を支配しようとする征服者カーンは、果たして映画でどのようなデビューを果たすのだろうか?そして大きく壊れたアントマンのマスクの意味とは一体何なのだろうか?
気になることだらけの『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』は2023年7月28日に全米公開予定だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。