『アントマン3』にペイトン・リード監督が続投!2022年にフェイズ5として公開か?

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』やフェイズ3最終作の『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の後に公開される映画には様々な作品が予定されていますが、あの最小ヒーローの最新作に関する新しい情報は今までアナウンスされていませんでした。

しかし海外情報によると、計画は密かに進んでいたようです。

『アントマン3』の公開は2022年と予想

海外メディアのハリウッドレポーターは最近の記事で、MCUシリーズ最新作『アントマン3(仮)』に1作目から製作に携わってきたペイトン・リード監督が続投することを報じています。

Peyton Reed to Direct ‘Ant-Man 3’ (Exclusive)

具体的な公開日や撮影開始日、キャストに関する情報は公開されていません。おそらくは主人公のスコット・ラング/アントマンを演じるポール・ラッドや、ホープ・ヴァン・ダイン/ワスプを演じるエヴァンジェリン・リリーの続投は確実だと思われます。

ストーリーについては全く予想できませんね。『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の時系列になることは確実ですが、そうなると成長した娘のキャシー・ラングとの関係性も気になってきます。

コミックでのキャシーは、幼いころからピム粒子の影響を受けていたためにサイズを自由に変える能力を持つスタチュアというヒーローとして活躍しています。
2代目ホークアイことケイト・ビショップとともにヤング・アベンジャーズの一員だった経歴もあるため、実写でのスタチュアの登場に期待が寄せられています。

ちなみにケイト・ビショップはディズニー+で配信予定の『ホークアイ』に登場する予定で、もしかすると2つの作品に何らかの関連性があるのかもしれません。

海外メディアによると『アントマン3(仮)』は2022年に予定されている公開日のいずれかに設定されるといわれており、MCUシリーズのフェイズ5になると予想されています。撮影は『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(原題)』や『ソー ラブ&サンダー(原題)』の後に始まると伝えられています。

MCUの癒しとも称されるアントマンの更なる活躍に注目していきましょう。今後も続編に関する情報が入りましたらお知らせいたします!

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です