アンディ・サーキスが思うマーベルとDC映画の違いとは? ー 二つの作品に出演した経験から

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

俳優のアンディ・サーキスといったら直近ではDCコミックス映画『ザ・バットマン』にて、ブルース・ウェイン/バットマンの執事であるアルフレッドとして出演しており、マット・リーヴス監督作品でもおなじみの俳優となっている。

一方で以前にはMCUシリーズの『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』や『ブラックパンサー』にてヴィランのユリシーズ・クロウを演じた経験もある。

同時期にマーベルとDC映画の二つに出演した珍しい俳優でもあるが、彼は海外メディアのインタビューに対して、二つの作品の違いについて話してくれた。

『私は両方の世界が大好きです。マーベルの物語に明るさと大胆さが好きで、DCはダークなところが好きです。どちらもまさに神話です。』

 

マーベルとDCの世界の違いを表現しながら、神話だと表したアンディ・サーキス。
まさに彼の言う通りマーベル作品は全体的に大胆なスケールの物語と、明るいテイストの作品が多く、一方でDCコミックス映画、特に彼が出演している『ザ・バットマン』はダークさや闇に迫っていくものが多い印象だ。

もちろんそれぞれのシリーズにも明るいものやダークなものは存在しているが、二つのシリーズに出演したアンディ・サーキスだからこそ言えることだろう。

ちなみに彼は出演だけではなく、ソニー・ピクチャーズのマーベル映画『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の脚本と監督も務めており、制作サイドからもアメコミ映画では欠かせない存在となっている。

今後は『ザ・バットマン』の続編作品への出演に加えて、新たなマーベル作品への出演にも期待をしたいところだ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全51作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。