『アメリカン・ホラー・ストーリーズ』がディズニープラスで12月15日より配信 ー 予告映像も解禁

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

ディズニー公式動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス)」のコンテンツブランド「スター」にて、12月15日(水)より『アメリカン・ホラー・ストーリーズ』(全7話)を日本初で独占配信!(初回は第1話と第2話同時配信)

◆恐怖が新たなカタチで現れる―新感覚アンソロジー

『glee/グリー』など数々の著名作を生み出した奇才ライアン・マーフィーが手掛け、シーズン毎に異なったテーマで新しい物語を紡ぐアンソロジー形式で
海外ドラマ界に大きな衝撃を与えた全米大人気のホラーシリーズ『アメリカン・ホラー・ストーリー』

スタイリッシュさと斬新奇抜なストーリー展開をそのままにスピンオフドラマとしてディズニープラスのスターに登場する。

出典:
© 2020 FX Productions, LLC. All rights reserved.

新たな『アメリカン・ホラー・ストーリーズ』は、一話完結、全7話で構成される新感覚アンソロジー
2011年以来のシリーズ開始以来、不気味な収容施設や、魔女の集会、旅芸人の見世物小屋や幽霊の出るホテル、黙示録そのものなど、さまざまなジャンルでホラーを再定義したが、今作でもエピソードごとに異なるホラーを繰り広げる。

そこに待ち受けるのは、これまでのシリーズの世界観を保ちつつも、不気味な家やドライブイン・シアターなどを舞台に、身の毛もよだつさらなる恐怖。
海外ドラマ界に、また新たな歴史を刻む作品になることは間違いない。

さらに本日解禁となった予告編では、泣き叫ぶ子供や斧を持った大男の姿などが次々と映し出され、『アメリカン・ホラー・ストーリーズ』らしさ満載の、スタイリッシュなホラーが描かれ、逆にその洗練された映像が不気味さを誘う新感覚の映像。不穏な音楽と空間で代わるがわる映る映像は一体何を意味するのだろうか・・・?

さらに、海外ドラマファンにはたまらないキャストが登場。『ホワイトカラー』のマット・ボマーを始め、『glee/グリー』のアーティー役で人気を博したケヴィン・マクヘイルや『ザ・プロム』のニック役ニコ・グリーサム、モデルのカイア・ガーバー、マイケル・ジャクソンの娘のパリス・ジャクソンなど、人気俳優たちがこのホラーに挑む。

奇才ライアン・マーフィーが手掛ける、大ヒットホラーのスピンオフドラマシリーズをぜひディズニープラスのスターにて、どこよりも早くお楽しみに!

関連記事を読む