敗訴のアンバー・ハード、『アクアマン2』での出演は極小に? ー 冒頭で退場のウワサも

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『アクアマン・アンド・ザ・ロスト・キングダム』のネタバレが含まれている可能性があります。ご注意ください。

女優のアンバー・ハードは元夫との間に行われた名誉毀損裁判で敗訴してしまったことが最近の海外からのニュースで伝えられて話題になったことは記憶に新しいだろう。

そして彼女はDCEUシリーズの『アクアマン・アンド・ザ・ロスト・キングダム』で再びメラを演じており、すでに撮影も終了している。
ただ今回の敗訴によってその出演時間がかなり削られることが海外の業界関係者であるKCウォルシュ氏から伝えられている。

どうやら最悪の場合は映画の冒頭でアクアマンとの子供を出産しているなかで死亡してしまう可能性もあるとされている。
あくまでウワサのため、今後行われる試写にてアンバー・ハードのメラが登場しているかどうかの答えが出てくるだろう。

彼女については映画で共演した俳優たちやジェームズ・ワン監督はメラ役として戻ってくるように働きかけたとも伝えられたことがあるが、ワーナーとしては彼女の再演に積極的ではなかったと数々の証言から明らかになっている。

そのため今作でメラが死亡しなくとも、さらなる続編でリキャストされる可能性は十分にありえることだろう。

ワーナーは過去にも『ファンタスティック・ビースト』から同じくアンバー・ハードとの裁判で敗訴したジョニー・デップを解雇し、彼が演じたキャラクターをマッツ・ミケルセンにリキャストしていた。

果たしてアンバー・ハードのメラは今後どのような運命を辿っていくことになるのだろうか?
『アクアマン・アンド・ザ・ロスト・キングダム』は2023年3月17日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

  1. 匿名 より:

    はまり役ではあったけど変わりはいくらでも効くしDCバースは俳優チェンジお得意だしね

    それにジョニーは降板でこの女は続投ってのは男女平等じゃないよね

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。