アマゾネスのスピンオフ映画が進行中? - 『ワンダーウーマン3』の構想も

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ついに予告編が公開されたDCコミックス映画『ワンダーウーマン1984』。新たな時代を駆け巡るダイアナ・プリンスの活躍に多くのファンが期待を寄せている中、すでに次なる計画が動き出そうとしています。

アクアマンに続き、ワンダーウーマン・ユニバース拡大か

ブラジルで開催されたポップカルチャーイベント「CCXP19」では、『ワンダーウーマン1984』のパネルステージの前に、主演のガル・ガドットとメガホンをとるパティ・ジェンキンス監督がインタビューに答えました。
そこでジェンキンス監督が『ワンダーウーマン』のスピンオフ映画の存在を認めるコメントをしました。

Wonder Woman Spinoff Reportedly in Development With Patty Jenkins Producing

『パティ・ジェンキンス監督は、ワーナーブラザースがアマゾネスに焦点を当てた映画を開発しているこを確認しました!彼女はメガホンをとりませんが、エグゼクティブプロデューサーとして参加します!』

今回初めての情報となるアマゾネスのスピンオフ映画。ワーナーブラザースは製作に前向きのようで、パティ・ジェンキンス監督も製作に関わることを認めました。
本筋の『ワンダーウーマン』とどの程度関連して、時系列がいつ頃なのかはわかりませんが、もし実現するとなれば、いわゆる”ワンダーウーマン・ユニバース”が拡大されていくことになります。

同じDCEUシリーズである『アクアマン』もスピンオフ映画として『トレンチ』を製作する予定で、単独映画からさらに派生していくという、マーベルとはまた違った動きを見せようとしています。

ちなみにパティ・ジェンキンス監督は構想としてすでに『ワンダーウーマン3』の物語があることも明かしていました。

Gal Gadot and Patty Jenkins Tease Plans for Wonder Woman 3

『私たちはすでにすべての物語について知っています。ただ単にいつ作って、いつやらないのかといったような心の整理を連続して行っています。映画を連続して製作するのは素晴らしいことではありますが、その間に少し休憩も必要です。その間にほかのことをするのも良いことでしょう。ガルには他にもしなければならないことがあります。早い段階で決断を下そうとは思いません。その時が来たら映画を作りたいかどうかを決めていかなければなりません

もちろん2作目のヒットに応じて3作目が製作されるか否かが決定するため、現時点でどうなるかはコメントできないともしています。

新たな展開を迎えようとしている『ワンダーウーマン』とDCEUシリーズ。果たして今後どのような作品が製作されていくのでしょうか?

『ワンダーウーマン1984』は2020年6月に全米公開予定です。

関連記事を読む

コメントをする