アマプラでDCドラマ『フィアー・エージェント』が製作決定 - 『シャザム!』『ザ・ボーイズ』製作陣のタッグに

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

Amazonプライムのオリジナル作品として、DCコミックスの『Fear Agent』を原作としたドラマが製作されることが海外メディアのハリウッドレポーターから明らかにされました。

Seth Rogen, David F. Sandberg, Matt Tolmach Tackling Rick Remender’s ‘Fear Agent’ for Amazon (Exclusive)

製作にはDC映画『シャザム!』でメガホンをとったホラー監督でもあるデヴィッド・F・サンドバーグ監督、同じくAmazonプライムオリジナルドラマ『ザ・ボーイズ』で製作総指揮をしたるセス・ローゲン氏がタッグを組むことに。また『ヴェノム』のプロデューサーでもあるマット・トルマック氏も製作総指揮として参加することが判明しています。
また脚本には『Rene(原題)』のマットソン・トムリン氏が執筆予定。

また『Fear Agent』の共同クリエイターでもあるトニー・ムーア氏もプロデューサーとして参加予定。

『Fear Agent』は2005年に出版されたコミックで、主人公ヒースロー・ハンストンが地球を永久に変貌させたエイリアンの侵略を阻止するために過去に遡り、フィアー・エージェントとして活躍するストーリー。番組の説明には元妻を取り戻すためにタイムスリップすることも言及されています。

現在具体的な配信開始時期やキャストに関しては不明。今後の情報に注目です。

DCコミックスは他にもストリーミングサービスのHBO Maxで『ストレンジ・アドベンチャー』『グリーンランタン』のドラマ化、同じくストリーミングサービスのDCユニバースでは『タイタンズ』シーズン3や『スターガール』の配信を予定しています。

映画は2020年3月20日に『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』、6月には『ワンダーウーマン1984』の公開を控えています。

様々な媒体で作品を輩出しているDCコミックスに目が離せません。

関連記事を読む

コメントをする