『アリータ: バトル・エンジェル』続編は今も監督とやり取りを続けている-プロデューサー「実現させたい」

この記事を書いた人

さくし

さくし

YouTubeフィギュアレビューなどを上げています/ラジオ ゆとぴのヒーロー界隈談義 サブMC/映画、特撮、デジモン、ヒロアカが好き

Twitter:@sekisakudigimon

Youtube:HuruSaku Channel

いつもご覧いただきありがとうございます。さくし(@sekisakudigimon)です。

日本の漫画『銃夢』ロバート・ロドリゲス監督が実写化した映画『アリータ: バトル・エンジェル』
この映画は長きにわたってファンが続編を待ち望んでいる作品の一つだ。
続編ありきで展開されていたストーリーだったが、制作会社のドタバタでうやむやになってしまい中止に。一部のファンが『#AlitaSequel』で署名活動やTwitterで続編制作を呼びかけるなど活発に活動を行っていた。その待望の続編について、プロデューサーがついに明言した!

海外の記事によると、プロデューサーの一人であるジョン・ランドー氏が『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』のレッドカーペットにて以下のように語ったという。

“そうですね、『アリータ:バトル・エンジェル』という小さな映画があるのですが、その続編をぜひやりたいと考えているんです。ロバート(・ロドリゲス)とそのことについて話していて、実現するといいんですけどね”。

続編が実現するのはどのくらい先なのかと聞かれたランドーは、ファンや記者が不利になるようなタイムラインを公言したくはないと答えた。
しかしながら、なんと監督とはまだ話し合いが継続しているという発言は、続編を待ち望んでいるファンからすると大きな進展と言えるだろう。
新たな一報に期待したい。

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。